Chez-Nami

cheznami.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:料理教室( 105 )

リクエストレッスン「桐一葉」

a0157935_12515281.jpg
春の食卓の時に、夏は忙しくて参加できないけど秋には全員揃うのでその時にお願いします
と秋にリクエストしていただいたグループの皆様と


夏のレシピをレッスンするにはもう9月になってしまっていたので
まだやっていなかった秋の「桐一葉」のリクエストレッスンとなりました

a0157935_12545805.jpg

生徒様、皆さん食器がお好きらしくて特に北欧のデザインが大好きな生徒様がいらっしゃるので
イッタラの大皿に盛り付けたのは秋の味、きのこのピザ
ちゃんと手ごねですよ
みんなで捏ねたピザ、美味しく焼きあがりましたね

a0157935_12572521.jpg
豚の肩の肉を使った塩釜焼き
お魚を焼く時の塩釜と違って柔らかめな塩釜でハーブを効かせて
これはパリのコルドンブルーでも使っていたテクニック
簡単で美味しいお肉に仕上がります

で、、デザートはマロンケーキだったのですが
写真撮り忘れてる

「あっ!ワタシも写真撮る」って最初皆さんと一緒に写真撮っていて
その後は「先生!写真は??」って生徒様に言われて
「そうだ、そうだ、とらなくちゃ」って携帯持ち出して

デザートの時にはすっかりと写真忘れていた、、、

生徒様から頂いた写真はあるのですが
アップしていいか了解とらなかったし、、
今は自分の持っている写真だけのアップで、、

2年前のレシピだから今更ながら、、そうか、、2年前はこんなこと考えて
こんなところを重要視してレシピを作っていたんだなぁって思ったわ
レシピの作り方もその時でやっぱり少しずつ違ってきますね
この時のレシピはとてもよくできたと思いますわ
手がかからない、、って点が最高ですわよ〜!(笑)

このグループの中にお料理教室が大好きなお友達がいまして
あちらこちらと色々な教室に通われていましてよく料理を知っていらっしゃるので
「もう教室できるんじゃない?」って振ったのですが
「自分でレシピを作れないの、人のレシピで教室をするのはアウトでしょ?」って
確かにそうだ、、人のレシピで教室をするのはアウトですわね、、

このレシピを作るっていうのが一番の仕事ですものね、、
でももったいないなぁ、、レシピを作る勉強したら、、ってつい思ってしまうほどです

少しずつ自分のレシピを作れるように
自然に作れるようになるように指導できれば、、と思ったリクエストレッスンです

そうそう、、その人のレシピを見たらちゃんと勉強した人かそうでないか
わかります!
レシピってそういうものです

次回のクリスマスの時にはまたお仕事が忙しい時期とのこと

来年になりますね〜!皆さんお揃いでまたおいでくださいませね

ここで!営業
4名様揃えばレッスンいたします。。
ご希望でしたらコメント欄からコンタクトお願いいたしますね〜
お待ちしております

a0157935_13111516.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-09-17 13:15 | 料理教室 | Comments(0)

夏の食卓

a0157935_21171251.jpg
夏の食卓のご報告

本当にブログに来ることは少なくなってしまいましたが
少しだけでもアップは続けて行きます

ブログだけで繋がっている方、すみません
コメント欄に入れて頂ければ連絡が取れますので
よろしくお願いいたします

遅くなりましたが、、まずは夏の食卓のご報告

前回パリに行った時に購入してきたリーフ型のプレイスマット
マレ地区で気に入って購入してきた白い鳥、、
ラファイエットで一目惚れしたSiaのキャンドルホルダーに蔦を入れて
爽やかに涼しげに食卓を作りました

a0157935_21245858.jpg
前菜には和風ヴィシソワーズ
和風というからには、使ったのは日本の食材
綺麗なグリーンを出すために少しだけ万能ネギを煮ました
一切フォン(だし)を使わずに素材の持つ旨味だけで作り上げるスープ
それでも旨味の塊のスープが出来上がりました

えっ?ブイヨンやコンソメを使わないでこれだけ味が出るの?
そんなスープです
きりりと冷やして召し上がってください

ヴィシソワーズはヴィシー出身のシェフが作ったスープ
冷静スープの名前ですが温かくすると名前が変わるんですよ
それはフランスで家庭でよく出るスープ
それもそのうちにレッスンしましょうね

a0157935_21314556.jpg
メインは白身魚のポワレ ケッパーソース
皮がパリッと焼けるように、、
そして夏に嬉しい爽やかなレモンを使ったケッパーのソースを添えました

付け合わせ(ガルニチュール)に雑穀のサラダ
鶏の胸肉のハム

コンビニで流行っている胸肉のハム
時間はかかりますが手間はかかりません
お財布に優しい胸肉をいっぱい使いましょう

で、これはダイエットにも最適の食材です

ワタシも積極的に使いたいわ

a0157935_21393470.jpg
デセールはキャロットケーキ
ワンボウルで出来上がる簡単なケーキです
しかもこれには大きな人参が一本入っています
朝食に最適なケーキかな

このケーキ、パリで教室をしていた時に一番人気でした
なぜだろう?

簡単にできて気軽なのが一番だったから(笑)
くるみを入れたりレーズンを入れたりラム酒を入れたりと
自分の好きなケーキにしていってくださいね

そんな遊びができるケーキでもあります

今回、夏の暑い時にもかかわらず
来てくださいました生徒様
ありがとうございました

次回は普通でしたら秋の食卓、、と言う所ですが
秋の食卓をしてしまうと力尽きて(レシピをあげるのが遅くて、、、)
クリスマスを飛ばしてしまうの(続けて2年もそのパターン)

なので今回は秋の食卓でなく次はクリスマス!

そこまでワタシもゆっくりとさせていただきま〜す!

11月に入りましたらご案内しますね

クリスマスの食卓、リキ入りますよ〜!
楽しみにしていてくださいねっ!

a0157935_21501468.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-09-16 21:52 | 料理教室 | Comments(0)

初夏の食卓のウエルカムティー

a0157935_10095445.jpg
料理教室 

初夏の食卓 先日をもちまして終了いたしました

ご参加くださいました皆様ありがとうございました

今回は「穏やかな夏」というタイトル

Un été tranquille

フランス語にすると難しいのですね、、
フランスでは「穏やかな夏」って言い方はあまりしないようです
パリに住む友達(皆さんフランス語堪能です)に聞いて「こんな感じ?」
ってtranquilleの単語が一番良さそうってアドバイス頂きました
よく聞く「穏やかな」って単語はあまり使わないのですねぇ、、
勉強になります

とても暑い日が続いた今回の教室
アイスティーにできる茶葉を選んでいたらよかったのかもしれませんが
80度で3分って表示、、
仕方ないのでとても暑い日はこれを濃く出してアイスにしましたが
ちょっと苦味が強く出てしまったようです、、

今回もラヴティー、パリで人気のクスミティーのセカンドラインです
マンゴーとパッションフルーツオーガニックの白茶
マリーゴールドの花びらが入っています
とてもフルーティーで爽やかなお茶になっています

これ、日本未入荷
パリに行った時に買ってきておいた茶葉です

どうせなら未入荷の物でお楽しみください!

毎回この缶が可愛くてついつい缶で購入してしまっています

初夏の食卓はこんな爽やかなお茶を飲みつつスタートいたしました

a0157935_10245704.gif



[PR]
by chez-nami | 2017-08-04 10:25 | 料理教室 | Comments(3)

chez-nami 初夏の食卓始まっています

a0157935_08431759.jpg
ブログが放置されているっていうのは、、
忙しくしているんですよ

chez-namiの初夏の食卓始まっています

連日暑いですよね、、
食材の買い出しに行って
あ、マックの新しいシェイクが出てるってドライブスルーして

あれこれ行って帰りにガソリン入れて
う、、、疲れた

ってファミマで抹茶シェイク
今年のファミマのシェイクって友達からチョコミントが美味しいって聞いたから
前に買ったら美味しくて、、また行こう!って思っていたのよね

暑い日にはこれだわ〜!って見てたら
「期間限定」で抹茶が

なぜ「期間限定」に弱いんだろう

抹茶美味しかったよ〜!

今回の初夏の食卓のメニュー
暑い夏に嬉しいさっぱりメニューを取り揃えております

もうレッスンしてくださった皆様、ありがとうございます
今からの皆様
楽しみにお越しくださいね〜

a0157935_08500498.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-07-11 08:50 | 料理教室 | Comments(0)

「春となり」 レッスンのご報告

a0157935_2114134.jpg


今回の食卓のメインは「Hachis parmentier」
アッシ パルマンティエ(フランスではアシパルマンティエって発音していた、、)

平たく言っちゃえばジャガイモのグラタンですが
フランスではよく食べられているものです

Parmentier(パルマンティエ)って人の名前
ジャガイモをフランスに広めた人です 
もともと食用でなかったジャガイモをフランスに広めた功績をたたえて
ジャガイモの料理にはparmentierの名前が付いていることが多いのです

Hachisは残りの肉という意味ですので
もともとは前日の料理の残りの肉を使っていたようです

今回はひき肉を使いました

日本のレシピを見てみると、上にチーズをのせたり
ケチャップを使用したりと、日本人の味覚に合わせたレシピが多くいみかけられたのですが
chez-namiではフランスで教えてもらったフランス風のレシピでレッスンをさせてもらいました

3層仕立てです

1層目はポム ブーランジュール
コルドンブルーでシェフのあれこれ話でこの話が出てきていました
昔、パン屋のかまどの火を落とした後の残りの火力で
ジャガイモを煮るということをしていました
近所の主婦がかまどの残り火をお願いして使わせてもらっていた事もあったようです
なので、この料理は「パン屋のジャガイモ」という名前がついたのです

2層目はHachis(アシ)
ひき肉を使った2層目

3層目はポムデュシェス
ジャガイモの公爵夫人と素敵な名前がついたもの
普通はこれを絞り出してガルニチュールに使ったりします
リッチなマッシュポテトです
ナツメグもホールのものを使いましたよ、パウダーになっているものと違って
とても香りが立ちます
ホール、、いいなぁと何回も言われましたわ(笑)
日本ではパウダーになっているものが多いですよね
もし、見かけることがありましたら是非ホールで購入してみてくださいね
本当に違いますので

これを可愛らしい STAUBのココットで焼いて最後に生のローズマリー香らせました
焼きあがってから蓋をする前に入れるのですが
それだけで素晴らしく良い香りがします

この料理、レッスンでは可愛らしくココットで焼き上げましたが
普段では大きなグラタン皿で焼いちゃいます
娘の大好物で
「どこまで食べていい?」って(爆)毎回聞きます!4人家族なので4分の1ですよ〜!

a0157935_21361531.jpg


デザートはほうじ茶のムース
これも2層仕立てのものです
メインがガッツリ系なので、ふわりと優しい春らしいお味で締めにしました

これ、、とっても簡単なのです
抹茶で作っても、紅茶にしても、、自分で色々と変えて楽しんでくださいね
そうやってレシピを自分で作ることができるようになってきます

レシピを作るには基礎が必要です。
このムースのように「元」があればあとは自分なりにアレンジを加えることができます
これが自分でレシピを作れるようになるプロセスになってゆきます

少しずつでも良いので生徒様にはワタシのレシピをそのまま作るのではなく
自分のレシピを作れるようにと思ってレッスンしています
これはこのようにアレンジできますよ、、、と何度も言っているのはそのためです

是非、チャレンジしてみてくださいね

a0157935_21415994.jpg


さて、、今回のテーブル
春の「桜」をテーマにしていました
最後のお紅茶もルピシアの桜の紅茶でした

クロスはパリで購入してきた細かい刺繍が施してあるもの
同じくパリで購入していたラベンダーのナフキンにパリで購入したナフキンリング
前回パリに行った時にいっぱい購入してたのを大放出(笑)

アントレにはスレートにビレロイ&ヴォッホのニューウェーブのカップとソーサー
ワイングラスはクリニャンクールの蚤の市で購入してきたもの

テーブルのセンターの花はZARA HOMEで購入したキャンドルスタンドに
アーティシャルフラワーをアレンジしました

テーブルに散らしたキャンドルはウィーンで購入した可愛らしいキャンドル

メインにはSTAUBのココット、

デセールにはこれまたパリで購入していたグラスに
アンダーは日本のノリタケのピンクのお皿
このノリタケは結婚した時に主人の高校時代の恩師からセットでいただいたものです
かれこれ30年近く愛用しています(恩師からだと思うと、大事に大事に、、割れませんわ〜)

写真にはありませんが同じセットのカップとソーサーでお紅茶もサーブさせてもらいました

春らしい食卓、気に入っていただけたら嬉しいです

参加いただきました皆様、有難うございました

是非次回も御運び下さいませね

chez-nami

a0157935_21515823.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-04-19 22:06 | 料理教室 | Comments(0)

「春となり」

a0157935_21462686.jpg


2月末から3月にかけての「春となり」のレッスン
今日、その時期にお時間が取れなかったグループ様のレッスンがありまして
これをもちまして「春となり」のレッスンが終了いたしました

さて、、今回の「春となり」
「春隣」で冬の季語です

娘が毎回つけてくれているレッスンの名前
今回は春が隣に来ていますよ、、っていう意味と春となりました
って意味の二つがあったように思います

今日は春というよりは春の嵐の後、急に夏になってしまったような気温でしたわ、、

a0157935_2156292.jpg


今回のアントレとして作ったのは「フォアグラのフラン」

フォアグラをスライスしてある手軽なものを使おうかと思っていましたが
試作の時にはあったスライスのフォアグラがない!
え〜?って思って聞いてみたら「鳥インフル」の影響で在庫ある限り!と言われてしまった、、、
鳥インフルが落ち着いたら、また入ってくるけど
教室の間はちょっと無理そうでしたので
まるっとフォアグラを購入して、ついでだからトリミングもしてもらいました
取らなくてはならない筋もありましたよね、、
なかなかこんなフォアグラを買うのには勇気がいりますが
もう、使えますよね〜

フォアグラには2種類ありまして「ガチョウ」と「鴨」のフォアグラがあります
鴨よりガチョウの方が大きいので当然、大きなフォアグラが取れまして
大きくなれがなるほど、脂肪が増えてゆきますので
ガチョウの「 foie grasd'oie」の方が良いものと言われていますが
鴨の方が軽くて近頃は鴨の方が好まれているようです

このフォアグラは「ガバージュ」という強制的に餌(トウモロコシをドロドロにしたもの)
を与えることにより肝臓に脂肪を蓄積させていきます
要するに「脂肪肝」を作っているんですね、、、
漏斗を口に差し込んでトウモロコシを流し込むという手法なので
動物虐待としてフォアグラを買わないように、、という運動もあるようですが
フランスでは伝統的な食べ物、フォアグラがないとノエルが、、って思いますよね〜!

難しい話になってしまいましたが

フォアグラのフランはとっても簡単
しかもしっかりとフォアグラ(当たり前)

今回はコアントロー、フランスのリキュールを使いました
オレンジの香りのする食後酒です
ホワイトキュラソーの一つで氷を入れると白濁します
これは良いオレンジを使っている証拠。
甘いお酒です

ウィーンのカフェでよく見られる「マリアテレジア」というコーヒー
マリアテレジアはコーヒーにお酒を入れて飲むのが好きだったそうで
今でもウィーンのカフェでは
モカベースのお酒とコアントローを入れたコーヒー(マリアテレジア)が愛されています
コアントローは食後酒やお菓子に使う以外にもこんな使い方もされています

フォアグラは甘い味がよく合いますので
このアントレは少し甘めにレシピを仕上げました 
ちょっと甘めのコアントローが良い仕事をしています

a0157935_2223267.jpg


フランはココットで焼き上げて
他には「焼き芋のスープ」を作り、サラダとワンプレート仕立てのアントレです

サラダは最初は時期の菜の花
その後はうさぎさんや蝶も、、
その時の食材で色々と楽しませてもらいました

フォアグラに合わせて「ZOPF」に毎回お願いしてフィグのパンをオーダーしておいて
フィグのパンと一緒に、、
このフィグのパン、おいしいですよね〜〜^^

美味しいパン屋さんがそばにあり嬉しいかぎり
フレンチやるのには欠かせないですね〜^^

長く語ってしまいましたので(苦笑)
メインとデセールは明日アップしますね

a0157935_22284258.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-04-18 22:35 | 料理教室 | Comments(2)

「春となり」 ウエルカムティー

a0157935_84231100.jpg


あっという間にブログ放置で1週間、、すみません、、生きてます!

さて、、気を取り直して

楽しく進んでおります冬の食卓「春となり」

娘が名付けてくれました

昨日プレバト(梅沢さんとなっちゃんの掛け合いのファン笑)
で季語の話をしていましたが「春となり」=春隣

これは冬の季語です

冬も終わりになり、春の気配が感じられるようになる頃使われます

「ちゃんと季語を踏まえて名付けているでょう?」って胸を張る娘、、、
いつもありがとうございます。。。さすがのネーミングです

本当に春が感じられるようになったこの季節にピッタリでしたね〜^^

さて、、、まだレッスンが残っていますので。内容は終わってから

ここではウエルカムティーのお話

a0157935_8482636.jpg


パリから仕入れてきましたLøv Organic(ラヴ・オーガニック)
クスミティーのセカンドラインです

パリお好きな方は「クスミティー」の名前は良くご存知ですよね〜
Løv Organic(ラヴ・オーガニック)はまだ日本に入っていませんので
ここでお試しいただけるのはワタシとしても嬉しい


今回はEAU DE FRUITS EXOTIQUE エキゾチックティーです
カフェインフリーのハーブティー
りんごピースとローズヒップ、マンゴーのピースとハイビスカス、変わったところでチコリ
それにパイナップルとパッションフルーツのフレーバーがついています

ね、変わったお茶ですよね

これを見た生徒様「グラノーラみたい〜!」
ほんと、、サクサク食べられそう(笑)

ちょっと酸味もありますがとても穏やかなお茶です

ゆっくりとエキゾチックティーを飲みながら、今回の料理のあれこれをしゃべらせて頂きました

そのお話はレッスンが終わってからこちらでもおしゃべりさせていただきますね

a0157935_8571581.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-17 08:58 | 料理教室 | Comments(0)

冬の食卓のレッスン始まりました

a0157935_2138431.jpg


先週より「冬の食卓」のレッスンが始まりました

「春となり」

例により娘が名付けてくれた冬のレッスンです
そして例により娘が作ってくれたレシピ
可愛く出来上がっていますよ 楽しみにしてくださいね

今回は春待ち気分で「春」を感じていただけるような内容になっています

a0157935_21423234.jpg


BGMはお友達のおすすめの鍵盤の貴公子の「大井健」さんのPiano Love
スゥイート&メロウなピアノでサクサクレッスンしております

もう一つは友達からお借りしたCDですが、鍵盤男子のBon Voyage
新時代のピアノデュオです

素敵なピアノの音でフレンチレッスン

楽しく開催なうです

a0157935_2146473.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-02-27 21:48 | 料理教室 | Comments(0)

Cuisine de maman レッスンのご報告

a0157935_1955132.jpg


昨日、お仕事仲間の仲良しグループがレッスンに来てくださいまして
Cuisine de mamanのレッスンが全て終了いたしました

今回は料理であちこちを旅していただきましたよ

a0157935_19565854.jpg


前菜として「ハリラスープ」
モロッコのスープです
ラマダン(断食)開けに最初に口にするスープで
優しい味で滋養に優れてお腹に優しいスープです
これだけでおなかがいっぱいになりますので
食欲のない時にも最適ですね
家庭料理なので家庭によりいろいろな味があります
chez-nami風はポーチドエッグを作り、崩して頂きます
綺麗なポーチドエッグの作り方、覚えて頂けましたか?

a0157935_2001910.jpg


メインはバスク風鶏の煮込み
バスクはスペインとの国境に位置する地方です
食材が海のもの、山のものとあり、美食の地方なんですよ
そこの特産品のバイヨンヌの生ハムと唐辛子と使っています
そのアップはこちらから
こちらにアップしてあります

唐辛子の村のアップはこちらから
唐辛子の村
有名なハムのバイヨンヌのアップはこちら
バイヨンヌの話

バスクを旅して色々と身につけてきましたよ!
(体重ではありません!!)

食器はバスク特有の柄です
日本では手に入れることができないだろうと、
これもバスクから持って帰りました
バスクでお店に入るとほとんどがこの柄の食器で出てくるのです

この料理はフランス人のおばあさまのレシピを改良しました
日本でも手軽に作れますので
ぜひ作ってみてくださいね

鶏肉の下処理、皆さん苦労していましたが
下処理をしたほうが絶対美味しい
面倒ですが、手間をかけただけのものがありますよ
これもぜひやってみてね

a0157935_20131348.jpg


デセールはタルトタタン
コルドンブルーのパティスリーを卒業した方にお菓子を習っていた時に
タルトタタンをやったのですが
とても手間のかかるタルトタタンで、レッスンはそれだけで終わっちゃう!というものなので
簡単に、リンゴを煮てから形に詰めて焼いていきました

これはノルマンディーの料理
林檎が採れる地方です
林檎のお酒のシードルなども有名ですよね
ホテル「タタン」でアップルパイを間違って作ってしまったところからできたお菓子
今でもホテルタタンで「タルトタタン」を食べることができるんですよ

ノルマンディーに旅したら是非
ノルマンディーも素敵な街がいっぱいありますよ^^
ワタシは残念ながらこちらのホテルには伺ったことはないのですが
「こんな感じかな?」ってホテルタタンに思いを馳せてレシピを作りました

a0157935_20181397.jpg


このグラスはボデガと言います
日本でもスタッキングできるので人気があるグラスですよね
バスクに旅した時にバスクの紋章「ラウブル」入りのグラスを買ってきました
バスクではこのグラスでワインを飲むんですよ
少し、バスクの雰囲気を味わっていただけたかしら?

テーブルは唐辛子を散らして、赤い実だけで作ったセンター
バスクの田舎のビストロの雰囲気を、、、

楽しんでもらえたでしょうか?

ご参加の皆様ありがとうございました

次回は2月、、、中旬から後半?
そのうちメールしま〜す(ゆるい、、、)

次回はブログでもお席がご案内できればと思っております
楽しく食卓を囲みたい方、ぜひ!
楽しみにしております

chez-nami
[PR]
by chez-nami | 2017-01-18 20:26 | 料理教室 | Comments(0)

Cuisine de maman 今年のレッスンは終了しました

a0157935_2284554.jpg


本日のレッスンで「Cuisine de maman」
 今年分のレッスンは終了いたしました

今年いっぱいはお仕事の関係で来られなくて残念、!
って言ってらしたグループさま
1月の中旬ならみんな揃って来られることになりましてレッスンが決まりましたので
最終レッスンは年が明けてから

なので、レッスンの写真はそのレッスンが終わってからアップすることにしました
先にアップしちゃうと楽しみが減りますからね〜!

でも、ちょっとだけ今回のレッスンの様子を

今回はアントレに「Harare Soup」
メインに バスク風鶏の煮込み
デザートにタルトタタンと地方色豊かなレッスン

そのバスク風煮込みに使う香辛料
「pimenta d'Espelette」
バスク地方のエスペレット村の特産品です

唐辛子の村 こちらにその村のことをアップしてあります

日本の唐辛子よりまろやかでバスクの料理にはよく使われる香辛料です

a0157935_22213889.jpg


夏にパリに行った時に「バスクの料理をレッスンでやりたいな」と思い
このエスぺレットを購入してきておりました

日本では馴染みの薄い、でもとても日本人の舌に合う
この香辛料を使って今回のレッスンをしております

バスクはとても料理の美味しい地方
パリより食材は豊富に思われます

フランス好きな人はこの地方は必ず気にいると思うわ

海あり、山あり、美味しい食材あり

そんな地方の家庭の味の鶏の煮込みです

フランス人のおばあさまで家庭料理を教えてくださっているマダムヴォージェル
日本語でフランスの家庭料理を教えてくださっているので人気がある先生です
でも、、、フランス語がわかる人ばかりのレッスンの時はフランス語になるの
その時の方があれこれ教えてくれるのです
やはり日本語よりはフランス語の方が教えやすいのでしょうね(当然)
そんなクラスで教えてくれたバスクの鶏の煮込み

とても美味しいレシピでした
それをそのままお教えするのは礼儀に反しますので
ちょっとchez-nami風に味付け
今回のレシピとなりました
作りやすいレシピなので、もう三回も作りました!
(短い間なのに) ありがとうね〜!
とご報告も受けている嬉しいレシピ
簡単ですので是非食卓にのせてくださいね

最後のレッスンの皆様
楽しみにいらしてくださいね

と、、いうことでまだ Cuisine de maman

美味しく楽しく来年まで継続中!

a0157935_22333729.gif

[PR]
by chez-nami | 2016-11-26 22:41 | 料理教室 | Comments(0)
line

パリ駐在から日本へ フランス料理を極める?


by chez-nami
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30