Chez-Nami

cheznami.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:映画( 137 )

怪盗グルーのミニオン大脱走

a0157935_21133412.jpg
行ってきましたよ!待ってましたのミニオンズ
おばさん一人で観るのは辛い(?)作品なので
前作は娘を借り出して鑑賞

今回も娘に何度も「ミニオンズ」って言っていたのですが
ダンナさんが
「行っても良いよ」ってまさかのミニオンズ

娘に言ったら「えっつ?パパがまさかのミニオンズ」?
そうなんです〜
今回はダンナさんと鑑賞!!

午後からジャズのレッスンがあったので朝イチの回で鑑賞
娘に「いく?」って聞いたのですが
昨夜飲み会で遅かった娘
「起きてたらね」って言っていましたが
昨夜遅かったし、、起きてくるわけないですよね、、

a0157935_21181672.jpg
今回は怪盗グルーとその家族に物語の焦点が合っていましたが
ワタシはミニオンズが出ると「かわええ〜〜」って喜ぶ(笑)

a0157935_21192981.jpg
この悪気のない悪気の塊の訳わかんない生き物が可愛くて
90分の映画、、あっというま

a0157935_21202276.jpg
もっとミニオンズ見たかったけど
映画はテンポよく飽きさせないで見終わりました

解る人には解る小ネタ?も仕込んであり
80年代の懐かしい音に合わせてミニオンズたちの活躍?を堪能

安定の面白さと可愛さ

これ、また次の映画もありますよね

と〜〜っても楽しみ!!

ブログ放置していたのですが、、ごめんなさい、、
ミニオンズ観てブログアップする気になる単純さ

これで一気にあれこれアップなるか?、、
a0157935_21242672.gif
がんばるっ、、、


[PR]
by chez-nami | 2017-07-23 21:24 | 映画 | Comments(0)

メアリと魔法の花

a0157935_22032872.jpg
娘と観てきました
やっぱりこれは「子供」と見なくちゃって、、もう良い年の娘
怒られちゃう

ジブリじゃないんだよね
絵だけ見てるとジブリだよね、、

a0157935_22044406.jpg

借りぐらしのアリエッテイはパリに住んでいる時にパリの映画館で見た
(ヴァージョンオリジナルで見たからパリで日本語で見られたの)
日本の風景がやたら懐かしくて嬉しかった作品
思い出のマーニーは家のエアコンが壊れて(全館冷暖房だから壊れると大変なのよ、、)
暑い夏の日、冷房求めて映画見たんだっけ
両方とも好きな作品だった
ジブリを辞めた米林宏昌監督の作品です
これは同じジブリの西村義明さんのスタジオポノックでの作品だけど
スタジオジブリと比較してしまうのですよね
これはしょうがないのでしょうね

声優が杉咲花、天海祐希、大竹しのぶ、神木隆之介と豪華

7年に一回しか咲かない魔法の「夜間飛行」の花を見つけたメアリが
1日限りの魔法の力を得て魔法学校に入学を許される
ハリーポッターみたい

魔法のほうきや魔女、これは魔女の宅急便を思い出しますが
別の面白さがありましたよ

ちょっと最後はストーリーが早く進んで急に纏まっちゃったような感じではありますが
楽しく観てきました

基本的にこんなストーリー好きなの
ジブリのパクリ?とか叩かれているけど

これはジブリで育った人たちが作った作品だもの
これで良いのだとワタシは思うわ

次はどんな作品が出てくるのかしら
楽しみに待っていることにしましょう

a0157935_22174173.gif
久しぶりに早くサクッとアップ
やればできるじゃない!ワタシ!!

[PR]
by chez-nami | 2017-07-12 22:23 | 映画 | Comments(2)

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

a0157935_07290207.jpg
行ってきました!
「これは観に行ってもいいよ」というダンナさんと一緒に、、夫婦割を利用して。
夫婦割だと一人1100円で映画が見られるのですよね
こんな映画をこの値段で見られる。すごい得した気分(貧乏性 笑)

a0157935_07305478.jpg

ジョニー・デップがかっこいい〜!って騒いだのが記憶に新しいんだけど
もう5作目になっているんですねぇ
今回は呪いにかけられて海を彷徨っているウィル・ターナーの息子と
優秀な天文学者で女ゆえに魔女にされてしまったカリーナと
イギリス海軍について裕福な海賊になっていたバルボッサ
その上に新しいキャラの「サラザール」まで出てきて、、
今回は「ポセイドンの槍」を探す旅

a0157935_07354372.jpg
4作目の時に登場人物が絡み合ってストーリーがややこしくなってきていたのですが
今回はとってもシンプルなストーリーなので
1〜3作目のある程度の筋がわかっていればストレスなく楽しく鑑賞できるはず!

全体的にドタバタと(これはパイレーツならではですよね)リズムよく進んでいくますので
あっという間に2時間が過ぎていました

とっても面白かったよ〜!
まだ公開中なのでネタバレになりそうだからここまでにするけど、、

そういえばちょっと足を伸ばしたら4Dの映画館があったんだったっけ
水しぶきや匂いや、、それで見たらもっと臨場感があって楽しかったのかも、、
って見終わった後に思ったんだけどね

ダンナさんも「面白かった」って言っていたから(そんなに映画好きじゃないので)
とっても面白いんだと思う(爆)

エンドロールの途中で帰って行った人がそれなりに居たのですが
これ、最後まで席を立ってはいけません!!

エンドロールの後に映画の続きがあります
それを見てから是非席を立ってね

あ、、途中、ポール・マッカートニーが出ててびっくり〜〜!
最後に名前確認してたらやっぱり出てた〜!
どこに出演したかは、、見た時の楽しみかな
結構しゃべってたからわかるはずですよ〜^^

a0157935_07461593.gif


[PR]
by chez-nami | 2017-07-07 07:50 | 映画 | Comments(0)

忍びの国

a0157935_22095104.jpg
公開2日目 娘と観て来ました
映画館に行ったら結構な人、そう!パイレーツオブカリビアン見に来ているのです
え?それ見に行くんじゃなかったの?って言われそうだけど
これはダンナさんが「それなら行ってもいいな」と言ったので
ダンナ待ち、、
そのダンナ、、今日もゴルフ。3週連続、、
いつ映画行けるんだ??

さて、この映画は娘が一緒してくれたのですが
昨日職場の飲み会?で午前様だった娘でしたので
一応約束はしてあったけど、起きられるか不安だったので
ギリギリに声をかけたら
「行きます、、」ってむっくりと起きだしたので
それからインターネットで予約
朝10時からでしたので車もスイスイで上映30分前に家を出て余裕
映画館近いからサクッと行く気になれるのでしょうね

a0157935_22130436.jpg
「天正伊賀の乱」 織田軍と伊賀忍者の間に起こった本当の戦
それを元にした小説の映画化です

嵐の大野智くんが主演、力の抜けたキャラがナイスキャストでしたね
その大野くん演じる「無門」の妻に石原さとみ、怖い妻役のこれもナイスキャスト
他に鈴木亮平も良い役でしたね


a0157935_22192823.jpg
実を言うとそこまで期待していなかったのですが
殺陣も迫力ありましたし、笑えるところ、泣けるところ
なかなか楽しい2時間でした

時代劇に良くある重苦しさもなかったし
何と言ってもテンポの良さが心地よかったですよ

7月最初の映画、、、はっと気がつけば
もう半年過ぎてしまったのね、、
時間の流れるのがなんて早いこと

ダイエットも成功せず半年が過ぎてしまった〜〜(余談)

半年、結構映画見ましたね
折り返しの最初の映画、なかなか良くて満足でした

a0157935_22370614.gif


[PR]
by chez-nami | 2017-07-02 22:37 | 映画 | Comments(0)

22年目の告白 私が殺人犯です

a0157935_17241178.jpg
ブログを書くのはサボっておりますが、、
映画は見ております、、ええ、、頻繁に!

これは娘と
藤原竜也と伊藤英明のダブル主演
これは「実話」なんだそうです
22年前に起きた殺人事件の犯人が「自分です」と名乗り出て
今までそれを追っていた刑事との新たな戦いを描いています

美しい殺人犯、世間は寵児のように扱います

a0157935_17281675.jpg
こういう作品はちょっとなぁ、、という仕上がりが多いのですが
これは最後まで面白く鑑賞

場面展開がスピーディで飽きなかったですね

a0157935_17303737.jpg
この2人のダブル主演ですが中村トオルも良かったわ

最後のどんでん返しは途中でもしかして!って思ってて
やっぱり〜って思ったけど
ギラギラした中村トオルに引きつけられました
あのギラギラ感、昔の久米宏?になんだか似ていましたわ(年バレ?)

原作を読んでいなかったから余計にどうなるのかしら
と見ていたのもありますね

しかし、、実話とは

最後は忘れていたチンピラの彼で終わります
おおお、、、終わりはそこ!

ドンデン返しってこっちの方かも?
日曜の朝一の映画館
結構人がいっぱいいましたわよ

今度は何を観ようかな

a0157935_17381452.gif



[PR]
by chez-nami | 2017-07-01 17:38 | 映画 | Comments(0)

TAP THE LAST SHOW

a0157935_07500133.jpg
何かの映画を見たときにこの予告が入ったのだ
タップの素晴らしい響きに、あっという間に魅入られて
「観たい!」ってその時隣に居た友達に訴える(笑)
で、、予告の最後にちょっと映った顔が水谷豊
「えっ?水谷豊だった?」って友達と
「タップ?水谷豊?」って不思議が残っていたのです

a0157935_07525008.jpg
水谷豊が温めていた作品だそうです
で、初監督作品

「相棒」色があちこちにちりばめられていたけど(笑)
タップに対する思いは迫力の画面から伝わってきましたわ

a0157935_07565723.jpg
とにかく最後のショーが圧巻
これを見たいがためにこの映画を見たようなもの

観たのがジャズダンスのレッスンが終わって
レッスンをご一緒の皆さんと映画館のロビーに食べられる場所があるので
サクッとパンを食べて映画館に、、という流れなので
運動して、食べて、、眠くなる流れ(笑)
面白い映画だと大丈夫!
体と心は正直

これね、、ストーリーはもう見られたもんじゃなかったのよ
ワタシ的には
途中、「ううう、、これ辛い!」ってあくびが出てきていたのだが

a0157935_08012459.jpg
最後のショーでちょっと辛かった前半戦が吹っ飛んだ!!

タップの音
迫力の舞台

タップだけの舞台ってそういえば初めて見ました
大画面での迫力あるタップ

見てよかったわぁ
素敵な映画でした

もっとタップ見たかったわぁ〜
(水谷豊さんのファンの方、ごめんなさい、ワタシはそうでもないの)
a0157935_08054959.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-06-23 08:05 | 映画 | Comments(0)

おとなの恋の測り方

a0157935_21590572.jpg
公開初日に見て来ました

フランス映画です。ラブコメディーです!
面白かったわ

フランス映画を観るときは、一応ヒアリングをしようと試みるのですが(字幕があるので結構いけるっ)
途中からは面白くて聞くのやめて字幕読み放題(笑)
大体がそうなんですが〜、、、

単純なストーリー展開でとにかく楽しめるフランスコメディ
身長136cm(だっけ?)
この「彼」ってあり?
人に優しく優秀で会話のセンスもあり、エスコートも上手ですが
身長だけが低い。しかもとびきり

a0157935_22055731.jpg
大人の恋はどんなものか
フランスらしい切り口
人間は一体どこに重きを置いて人を好きになるのか、、
a0157935_22085585.jpg
まぁ、でもそんな難しこと考えないでこのラブコメを堪能
ちょっとストーリー展開も強引なところもあるけど
そんなの関係なく楽しんじゃえる作品

a0157935_22110657.jpg
「障害はあなたの心にある」
ディアーヌ(主人公)の義理の父は耳が聞こえない障害者
ディアーヌが彼と付き合うと聞いた母が嫌悪感を示した時に
「僕も障害者だ」
「あなたは外見からはわからない」と言った言葉に
「障害はあなたの心にある」と言い捨てた義理の父

心に刺さるセリフ

ディアーヌはこの素敵な彼に惹かれるけれども
やはり身長差が気になるし、一緒に歩いていると周りの目が気になる
でも、そんなこと思っていると彼に知られると悪いと思う

これ、、普通の女性のごく普通な目線

「これ、、自分だったらどうなるんだろう」ってちょっと図々しく
ディアーヌになって考えてしまう
とっても自然体だから映画にも入り込めるのでしょうね

「恋」に一番大切なこと
それをストレートに教えてくれる映画
とっても面白かったですよ

気楽にサクッと、、お勧めします

a0157935_22210705.gif


[PR]
by chez-nami | 2017-06-19 22:24 | 映画 | Comments(0)

人生フルーツ

a0157935_08023827.jpg
えっと、これは5月の末に観ていました
近頃はインスタにあげて(数人の友達としか繋がっていないけど)
自分メモリーは終わった気になっているんですが
長く続けてきたブログ、、こちらも「ちまちま」とアップせねばと思っています
アップ遅いですがお付合いくださいませ

我が家(千葉)から遠い映画館ばかりの上映で東京までこれを見に行くのは、、
って思っていましたが
友達のインスタ見てたら隣の県(茨城県)ですが車で30分も走れば見られるので
やった!行こう!!と思っていたら時間が合わなくて
泣く泣く諦めていたら
なんと!近くのキネマに来ることになったので
「ラッキー!」うれしいなっ
と行ってきました
ドキメンタリーです
a0157935_08131402.jpg
名古屋近郊の高蔵寺ユータウンがお2人の住むところ
建築家のご主人(津村さん)と奥様(英子さん)
伊勢湾台風が襲ったこともあり高台にあるこの土地にニュータウンが建設されることになる。
高度成長期の昭和初期
そのプランの筆頭者がこのご主人の「津村」さん
最初のプランでは尾根沿いに家を建てて谷には風の通り道を作るという
土地と自然を最大限に生かしたもの
しかし高度成長真っ只中。そんな悠長なプランは受け入れられずに
おなじみの風景の団地が出来上がってします
津村さんはその団地に最初入居するも
その後にその近くに土地を購入し、そこに住み始めます

無機質な団地を見ながら自分の土地を作り、木を植え雑木林に囲まれた家を作って行きます
自分の作った計画を一人でも良い、一人から始めるという計画で、、
なんて長いスパンでの計画なのでしょうか、、

a0157935_08261083.jpg
そんなご主人に自然に寄り添う奥様
普通から見たらとても大変なご主人のはず、、
自然に自然に寄り添っているのです
「理想」という言葉がしっくりきますね

土鍋で炊くご飯や大きなプリン
料理の景色を見ているだけでも幸せ感じる映画です

a0157935_08284712.jpg
お嬢様が大切に思った「水場」
そのお嬢様が小さい時にシルバニアファミリーのお家が欲しいとの希望に
「アクリル」はダメだと木のドールハウスを作り上げてしまった津村さん
その仕上がりは素晴らしく目をみはるほどですが
ワタシ、お嬢様はこれが欲しかったのではないのかも?と思ってしまいました
小さな女の子の憧れのシルバニアファミリーのお家はアクリルのお家なのでしょう、、多分

自分のポリシーを貫くのは容易ではありません
それに付き合う方も容易ではありませんね

a0157935_08321099.jpg
津村さんの作る立て札。一つ一つ可愛らしい一言が添えられている
津村さんはとても愛情豊か

憧れるけどそんな生活はできない
それを淡々とやっている津村ご夫妻
だから心の奥に映画が投影されるのでしょう

ご主人の亡くなり方も(見ていない人ゴメン)理想的
悲しいですが自然な流れに思えます

「風が吹けば枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば畑が肥える。畑が肥えれば果実が実る。」
映画の中で印象的に何度も語られる言葉です
樹木希林さんがナレーター
樹木希林さんのやわらかな語り口が耳に残ります

他にも素敵なことががいっぱい散りばめられた映画なんです
印象的な言葉は
(後で調べちゃった矢印⬇︎)

「家は生活の宝石箱でなくてはならない」ル・コルビュジエ

フランスではコルビジェの建築、いっぱい見ましたわ

「長く生きるほど、人生はより美しくなる」フランク・ロイド・ライト

帝国ホテルを設計したので有名
我が家のダイニングの椅子は「カッシーナ」のフランクロイド設計の椅子です
お教室で皆様お座りになっているのはフランクロイドのものですよ〜!
直線が美しい椅子です。
イタリアに注文して椅子の座面のクロスだけオレンジの明るい布をチョイスして
セミオーダーでしょうか?自慢の椅子です^^今度気にして座ってみてね


「全ては、自然が書いた偉大な書物を学ぶことから生まれる、人間が造る物は、既にその偉大な書物の中に書かれている」
アントニ・ガウディ
本当にそうね、、


自然の中で生きた津村さん

静かに心に入る映画でした

「コツコツ」の生き方を見せていただきました

「コツコツ」これも何度も映画で聞くフレーズ

このコツコツ。これこそ憧れ、できそうでできない

映画館は50代以上の人が多かったかな
目標となる夫婦の年の取り方ですものね

人生コツコツ

コツコツとワタシも生きて行きましょう
そんな人生の行き先を考える歳になっています
ワタシも、、、

a0157935_09173634.gif



[PR]
by chez-nami | 2017-06-17 09:29 | 映画 | Comments(2)

ミス・サイゴン

a0157935_07261938.jpg
大感動の映画でした
良かったよ〜〜〜♡

世界中で上演されているミスサイゴン
1989年のロンドンが初演だそうです。
その25周年記念の公演をがスクリーンで!
映画になったのは2014年のロンドンのプリンス・エドワード・シアターの舞台だそうです
a0157935_07290966.jpg
1970年代のベトナム戦争が舞台
両親が戦争で亡くなってしまったキム(主人公)はナイトクラブで働かなければならなくなります
ナイトクラブで働いた初めての夜
大使館で運転手として働いているクリスと知り合い恋に落ちます
永遠の愛を誓うのですが。ベトナム戦争も末期
クリスはキムと話す時間も持てずに追われるようにアメリカに引き上げます

a0157935_07323825.jpg
このシーン、ヘリコプターが舞い降りるのですが大迫力
舞台でこれを見たら音や振動ですごいのだろうなぁ

アメリカに引き上げたクリスは悪夢から逃れるようにアメリカ人の女性と結婚して
第2の人生を歩むことに決めます

ベトナムに残されたキムはクリスとの間に生まれた子供を一人で育てています
クリスはこの子供の存在を知らないのですが
知ることになった時にキムに会いに出かけるのですが、、

a0157935_07352040.jpg
「蝶々夫人みたいだね」と友達に言ったら
これは蝶々夫人がベースになって書かれた物語だと教えてくれましたわ
そうか、、蝶々夫人のベトナム版か、、

終わりはとても悲しいものです、、

しかしこれは25周年記念の舞台
グランドフィナーレでは新旧のキャストがそろい踏み!
この素晴らしい新旧のキャストを見ると
ミスサイゴンがこれだけのロングランを続けてきたのがわかります

素晴らしい映画、舞台

ロンドンの舞台がこんなに身近なところで見られるのにとっても感謝

、、、パリに住んでいる時にこんな素晴らしい舞台がロンドンで上演されていたんだ、、
ロードスターで近距離だったのに〜〜!
なぜ行かなかったのだろうか〜〜!!

でも、、見られて良かった
映画だと字幕付きでよく分かるしね(笑)

お友達とご一緒させてもらったのですが
みなさん一様に大感動!

充実の時間を過ごさせてもらいました


a0157935_07431663.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-06-08 08:06 | 映画 | Comments(0)

ちょっと今から仕事やめてくる

a0157935_21185450.jpg

ちょっと娘も忙しくてこのところ映画に一緒していなかった
今日は久しぶりに映画を一緒する予定にしていたけど
どの映画かは決めていなかった。
昨日、この映画が良いという情報を得て朝一の回でサクッと行ってきました

そんなに予備知識なしで見に行きましたが
良い映画に出会いましたよ
a0157935_21220249.jpg
仕事をしている人だったらすべての人が共感できる映画という話でした
本当!その通り
ブラックな企業に勤めている人だったら前半で息が苦しくなっちゃうかもだけど
普通の企業にお勤めの人でもこれは共感できることがあるでしょう

ワタシ、勤めて居たのははるか昔だけど共感できたもの
親目線から見ても涙なしには見られない!
要するにどんな人が見ても共感できるんでしょうね

a0157935_21283764.jpg
最後の謎解きはちょっと中だるみになっているのですが
最後はすっきりと心が軽くなる感じです

タイトルから見てちょっと軽い映画かな、と思っていましたが
どっしりとみられる映画です

a0157935_21315968.gif
まだ前に見ている映画もあるんですが
今日見て、感動したから順番すっ飛ばしてアップしちゃった
この映画は調べたらそんなに動員していないようですが
これから増えるかもね、口コミで
一緒にやっている映画が面白いのばかりだから
ちょと谷間に入ってしまっているようでかわいそう、、
良作なのにね

しかし、、今回上司を演じた吉田鋼太郎の役
ここまでひどい上司はそんなにはいないと思いますが
今のブラックな企業の体質を作っているのが
今のワタシ達の世代なのかも、、悲しいことに
このひどい上司の年代だもの、、
変えなければならない
そんなことを感じるのにも
上司の世代のワタシタチ世代も必見ですわね、、

会社を辞めても幸せは他にある
フィールドを変えたら大化けすることもある
よくあることですね
見えなくなっている人に、、
ぜひ見てもらいたいものです

希望は無くならない、見えなくなっているだけだ
繰り返される耳に残るセリフです


[PR]
by chez-nami | 2017-06-04 21:44 | 映画 | Comments(0)
line

パリ駐在から日本へ フランス料理を極める?


by chez-nami
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31