Chez-Nami

cheznami.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

京の冬の旅 3

a0157935_21453081.jpg


壬生寺から向かったのは
そこから近くの「八木家」

江戸の末期ぺりーが来航してから尊皇攘夷を唱える人が増え
幕府を倒す動きが出るようになり
それをどうにかするために幕府は浪士を集めて家茂の護衛のために京都に向かわせました

しかし、清河の企みはこの浪士たちを倒幕の役に立つようにするつもりで
反旗を放り返しましたが
13人の浪士だけが初めの目的を達成するために京都に残りました

それが「新撰組」
会津の松平容保に取り入り、京都の守護職につくことになります

そして、その13人が偶然に泊まっていたのがこの「八木家」
なので新撰組の発祥の地がここなのです


a0157935_21564983.jpg


その中でも力のあった「芹沢鴨」
彼の乱暴振りが目立つようになった時に「暗殺」の命令が会津藩から下りました

沖田総士、土方歳三、新撰組の中でも刀の立つものが
芹沢の暗殺をします
これもこの「八木家」
芹沢鴨が眠っていた部屋でこの家の説明を聞き
息絶えた隣の部屋も見学ができます
その部屋の入り口にはその日の惨劇の刀の傷が柱に残っています

、、、新撰組の小説はよく読んでいたので
この家に来て、、当時の様子を垣間見られたのは本当に嬉しい
浅葱色の隊士たち、没落しつつある幕府を信じて突き進む、、、悲しい隊士たち

現在では家がひしめく町ですが、当時では畑が多く壬生菜や藍がよくできたそうです
それで染めたのが浅葱色

壬生の色が新撰組の色なんですね、、、

って昔に思いを馳せていましたが
実際は浅葱色って、、会津の一番身分の低い色だったので
あまり着なかったそうなのです
おしゃれな沖田総士はこの色が大嫌いだったと文献が残っているそうですよ

、でも、、壬生だもんね

a0157935_2211930.jpg


八木家の外では「鶴屋」さんという和菓子屋さんでお茶をいただくことができます
っていうか、、このお茶とセットで入館料が売られています

一つ前の狂言堂の解説の方が
「お菓子と一緒でも高い!高い!』って言っていましたが
京都に住んでいれば高いかもだけど
ようやくここまでたどり着いたワタシ達!
高くても行きますよ!

とお茶と一緒の券を購入して入りました、、、

そこは、、「若い女の子だらけ!」の場所でした
へぇ、、、京都に来てからワタシ達って平均年齢を下げているくらいの年回りでしたが、、
ここでは「今までどこに、こんな若い子達いたの?」ってくらい
わさわさ若い女の子達が、、
新撰組の漫画?アニメ?か何かのキャラのグッズ持って、、
みんな神妙に解説を聞いていました

びっくりよ〜!
そうか、新撰組って何かのアニメ?のキャラで素敵になっているんだぁ

でも、興味を持ってくれて嬉しいですわ^^

八木家
来てみたかったところでした
見ると、想像していたよりよりリアルに当時が想像できて
余計に土砂降りだった芹沢鴨暗殺の当時が目の前に広がってきました

a0157935_22272464.gif





[PR]
by chez-nami | 2017-03-24 22:34 | 旅行 | Comments(0)

京の冬の旅 2

旅の楽しみの一つは「食事」
京都でも美味しいものをいっぱい食べてきましたよ!

a0157935_815596.jpg


初日は妙心寺のそばの「萬長」のつれづれ弁当
ちゃんと予約をしていてくれました!ありがとう〜〜^^
小さなお店、丁寧なお弁当を食べてきましたよ

a0157935_8213449.jpg


a0157935_8163910.jpg


海外からの観光客の方も調べてきていたのでしょうか?
お弁当をおぼつかない箸使いで食べていました
お店のご主人もおぼつかない(けど通じる)英語で
一生懸命に海外からのお客様とコミュニケーションを取っていました
こんな風景、、いいな

a0157935_8184364.jpg


この後に妙心寺の「経蔵」(昨日ついでにアップしました)に行き
スタンプラリーでゲットしたお抹茶とお菓子をいただきに花園会館まで
この花園会館、妙心寺のそばにありますのでアクセスも良いのです

お弁当の後は甘い物!最高ですねぇ!!

さて、お腹が満ちたところで午後は「壬生寺」です

来た時と同じ嵯峨野線に揺られて丹波口まで、、
と思っていたのですが
ツアーコンダクター(って勝手に思っていますが)のお友達が丹波口で降りようとしない
もう一人のお友達も降りようとしない

「丹波口」、、じゃなかったのね〜!って勝手に思う
京都駅に着いて
「えっつ?京都?」、、、とツアコンのお友達
「降りるの忘れた〜〜」
「やっぱり丹波口だったんだ!降りないからそのままにしていた〜〜」って無責任なワタシ
と、、同じことを思っていたもう一人のお友達
京都から折り返しなので同じ電車に揺られて最度丹波口まで(笑)

でもね、そんなにロスタイムはありませんでしたよ

、、、、そんな暢気なワタシたちを見たツアコンのお友達
「私がしっかりせねば!!」と気を引き締めたにちがいない(爆)


a0157935_835255.jpg


丹波口から壬生寺までは少し歩きます
午前中は陽も出ていてコートの前を開けて歩いていましたが
午後は寒い!急ぎ足になりながら手袋はめて壬生寺へと急ぎます

壬生寺は新撰組ゆかりのお寺
新撰組、好きで学生時代色々な本を読みふけりました
その中でも一番好きだったのが司馬遼太郎の「燃えよ剣」でしたね
懐かしいなぁ
壬生寺は新撰組が境内を訓練場として使っていた事でも知られています
今は幼稚園が併設されて狭くなってはいますが
当時は大砲の訓練ができたほど広い境内だったそうです

特別公開の本堂では重文の地蔵菩薩さまや奈良の唐招提寺に伝わる国宝の
「鑑真和上」のお身代わり像も初公開

a0157935_843451.jpg


本当に広い境内
ここを新撰組が走り回っていたのか、、浅黄色の隊士たち、、やっぱり新撰組いいわぁ

a0157935_8434381.jpg


壬生寺の境内にある壬生狂言の舞台「狂言堂」

普通の能の舞台にはない「飛び込み」「獣台」など特異な構造を見ることができます
これを見ると狂言って「大衆文化」なのだなぁと思います
奇をてらった演出で観客を楽しませる
現代ではロープにぶら下がり客席を飛び回るという舞台の演出がありますが
それの原点ですね

a0157935_8435979.jpg


写真ではどれが獣台か飛び込みかわかりませんが
これは行ったものだけがわかる!!

こちらでは伊藤若冲が奉納した能の面も見られて充実
こちらの本堂は7年ぶり、狂言堂は初公開です

こちらの壬生寺と狂言堂は大政奉還150年の幕末に関わるお寺です

充実の公開を見終わったら4時近い角
どうせなら頑張ってもう一つ!!新撰組ゆかりのお寺へと急ぎました

a0157935_85189.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-23 08:56 | レストラン | Comments(0)

京の冬の旅

a0157935_21465694.jpg


3月上旬 女子旅で行ってきました冬の京都

今年は大政奉還150年
「150年前、京都で歴史は動いた」 そんな今年の京都

初公開の寺院など14カ所で通常非公開の文化財が期間限定で公開されていましたので
京都通のお友達がその中から選んでくれた寺院を巡ってきました

最初は妙心寺の「養徳院」
豊臣秀吉の重臣であった石河家の菩提寺です
こちらは「酒茶論」の掛け軸が見所
お茶とお酒の徳を論じているものですが、、どっちもワタシは好きだなぁ(笑)
後は鑑真和上のものと伝えられている鉄鉢も、、、寺の宝ですわ

a0157935_21563939.jpg


お庭から方丈を見て、、京都に来ているんだと感じる一枚ですね

a0157935_21573658.jpg


その後はお隣にあります同じく妙心寺の「大雄院」
尾張藩主の石河家の菩提寺です

こちらは襖絵が素晴らしい
襖絵72面があり各部屋異なる趣の貴重な襖絵を拝見させてもらえました

a0157935_2225293.jpg


庭も素晴らしく縁側はポカポカと日差しもあり妙心寺としてはとしては珍しい池のある庭園を
眺めてきました

a0157935_226065.jpg


その後は同じく妙心寺の「大庫裏(おおぐり)と経蔵」

妙心寺は京都最大の禅寺
10万坪の境内に居る人々の食を賄う台所、それが大庫裏です
本当に大きな台所!
30畳もある食堂(じきどう)や大竃、貯蔵庫
食関係に興味のあるワタシ、これは想像を超えた大きさでしたわ
下の写真にある屋根の上の小さな屋根は煙が出て行く窓
こんな大きな窓がある大庫裏、、、本当に底冷えがしました

a0157935_2274221.jpg


a0157935_8115161.jpg


そして重要文化財の「経堂」
6500巻の経本を収めてある八角形の回転式の輪蔵です
これを1回転すると全部の教本を読んだのと同じことになるそうですが
現在は回転することができないそうです
ここの彫刻も見事です

普段見られないところばかり
朝早く新幹線に乗り新幹線で一眠り、、しようか?とも思っていたのですが
おしゃべりしているうちに京都に到着して(笑)
その後、午前中でこれだけ回れました!

早起きした甲斐がありましたよね、、
せっかくの京都、しっかり歩いて普段見られないものを見てきましょうと
サクサク歩いてまいりました

、、、続く、、、ですね

a0157935_22184183.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-22 22:21 | 旅行 | Comments(0)

 II Giglio(イルジリオ)

a0157935_22101313.jpg


久しぶりに行きました
柏のイタリアンの名店イルジリオ
こちらは柏のイベントのユルベルト以来
ユルベルトは一皿と飲み物だけだったので、ちゃんと食事するのは久しぶり

a0157935_22114471.jpg


レストランはこのプレートができるのですよね!
あれこれと嬉しい前菜 春の桜の小枝が粋な演出

a0157935_22125016.jpg


春のペペロンチーノ

a0157935_22131295.jpg


メインはチョイスでアクアパッツァ

a0157935_22144661.jpg


デザートはイタリアンらしい盛り合わせ

a0157935_22152088.jpg


イルジリオはこれが有名!
最後にカプチーノをチョイスすると可愛いラテアートをしてくれるのです

6人で行ってみんな違う絵を描いてくれました
この絵が一番可愛い!とみんなで撮影会(笑)

楽しい時間を持てたこと、ありがたいですね

小さなお店ですがいつも満席
この日もお友達が予約してくれました
じゃないと座れないですね

前に義父を連れてきてあげたことがありましたわ、、
そういえば近頃どこにも行っていないかも、、、

お誘いしてみようかしらん、、、

a0157935_22214163.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-21 22:23 | レストラン | Comments(0)

ハートビート

a0157935_20382081.jpg


観たかったのです

レンタルビデオが出てはいますが、これは絶対大きなスクリーンで見る映画

春先3連休
1日はゴルフ、そのあとは映画三昧になりましたねぇのワタシ
今日ちょっと疲れもあり体を動かす気になれなかったので
ダンナさんとは別行動で映画に行くことに
今週いっぱいでスクリーンから外れるのでいかなければ!と切羽詰まった気もあり
さくりと映画館へ

a0157935_20452960.jpg


バレエはマリインスキーにアメリカ人で初めて入団したキーナン・カンパ
プロのダンサーの素晴らしさ

ストーリはとても薄っぺらです、、、でも、バレエとバイオリンとヒップホップ

管弦楽とダンスで魅せられました

a0157935_20493374.jpg


1時間半強の映画
瞬きするのも惜しいくらいにスクリーンに釘付け

a0157935_20511568.jpg


ダンスと音楽好きなワタシには至福の作品でしたわ

最初、ハートビートと聞いてこんな素敵な映画だと思わなくてスルーしていました、、、
原題はHigh Strung

そうだよね、、そうだよ、、High Strung ですよ!
この映画にピッタリ

誰だよ、、このセンスのない邦題つけたのは!!

最高High Strungなジャンルを超えた映画でしたわ!

a0157935_20561552.gif


ララランド、、、いつ見るんだ?
というか、、、回りの評判聞くとそんなに行かなくても良いんじゃないか、、なんて気が、、

見たい映画を先に見て。。時間があったらば行く方向で考え出していますわ
でも、、これだけ話題だから気にはなっているんですよね
行って「やっぱりね」ってがっかりするのが、、、怖いとも言えます

この映画は何をおいても行って正解でしたわ〜!!

そうそう、、映画が終わったら、、ダンスでご一緒のお友達が居ました
ダンス好きならば、、外せない映画ですわよね〜〜^^
[PR]
by chez-nami | 2017-03-20 21:01 | 映画 | Comments(0)

モアナと伝説の海

a0157935_21355778.jpg


行ってきましたディズニーの新作「モアナと伝説の海」
予告の時から娘が「これ、行きたい」と言っていたのでお約束通り娘と

教室もあり今月はちょっと時間的に映画の時間が平日に取れなかったので
日曜の午前中、午後からはジャズダンスのレッスンがあったので
そこに間に合う時間で、、と思って調べたら吹き替えがちょうど良かったので吹き替えで

すでに行っている友達に聞いたいたんだけど、吹き替えも良かったよと聞いていたので
安心して吹き替えで
アナ雪も吹き替えが良かったものね、、


本当、ディズニーは外さないですね
面白かったです
娘はアナ雪の方がストーリ的に考えられていると言っていましたが
ワタシはこちらの方が好き
お姫様ではない村長(むらおさ)の娘が主人公
結構的に焼けた肌、どちらかというと健康的に肉付きしている体

そして自分を信じて自分の信念に従って行動するモアナ

a0157935_2143592.jpg


おばあちゃんも良いですね

夜の海にエイが泳ぐシーン、、本当に綺麗でした

a0157935_21451159.jpg


マウイの動くタトゥー、面白いですねぇ、こんな発想があるんだと
楽しんで見られたマウイ

a0157935_2149186.jpg


なんだかわからないサブキャラだけど、、鶏のHeiHei 面白いわぁ

と、、まだ公開中だからあまり感想は書けないけれど、、
ネタバレしても、、大丈夫だとは思うけど
何も予備知識無しで見た方が楽しい映画だと思う

確かに、、娘が言う通りアナ雪のほうがストーリーが練られていたけど
この明るい海のストーリーは前向きになれる

主題歌、映画でも聞いてみたけど、英語と比べて遜色なしだわ〜
娘が「口ずさむなら語音の少ない日本語の方がいいよね」って言っていましたが
日本語の方がすっきりと入ってくるかな、、
でも、、マウイの歌う「俺のおかげ」(って題だっけ?)は最後に英語版が流れたんだけど
英語の方が良かった、、、

吹き替えで見て良かったんだけど

ただね、、、

日曜の午前中、、、子供ちゃまが多いのはわかっていた、、、
でもね、、2時間黙って観ていられない子供を連れて映画館に来るのって、、どうなのかなぁ
笑い声とか、ちょっとしたおしゃべりは許容範囲
でもね、、、後ろで地声で「ママ。。これは、、、」「ママ。。あれは」「ママ」「ママ」

あのね、、、
子供連れでもOKって日も映画館はちゃんと設定しているんですよね
それだけしゃべる子供を連れて映画は親も疲れるんじゃないかなぁ
「し〜〜!」「黙ろうね〜」って親の声もうるさい!

娘曰く「この日に行くんだからしょうがないじゃない?」って優しいのねぇ。。。

子供を育てた経験があるから言うのだもん
これはアウト!

でもね、、日曜の吹き替えに行ったワタシも考え無しだったわぁ、、
字幕だったら2時間黙っていられない年のお子ちゃまもいなかっただろうに

学習したわぁ、、、今後は日曜は字幕で行こう、、、

吹き替えがとっても良かっただけに、、ちょっと残念

歌も前向きになれてもっと聞きたい感じ
サントラ欲しいなぁ、、、

a0157935_2234361.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-19 22:04 | 映画 | Comments(0)

3月のゴルフ

a0157935_213045.jpg


今日はゴルフ
先月阿見ゴルフクラブでラウンドして以来
ダンナさんは結構ゴルフしていますが
ワタシは1ヶ月に1回を目標
その間、、、、練習もしていないの、、、ラウンド前に25球の1箱打ったのが唯一の練習
要するにぶっつけでラウンド

今日は最高に気持ちのよいゴルフ日和
梅の花やこぶしの花が咲いていましたよ
春が来ていました

しかし〜
昨夜、しこたま新橋で飲んで午前様で帰宅したワタシ
朝九時半ラウンドと遅いラウンドでゆっくり起きたのにもかかわらず
「眠い〜〜!」車の中で眠りながら来たのですが、、太陽がまぶしい〜
昨夜のお酒も少々残っているし、、、つ、つらい!

a0157935_21358100.jpg


2〜3ホールラウンドしたらどうにか元気が戻ってきて
調子がイマイチで何もお腹に入れないで出てきていたので急にお腹が減って力が出ない
ので、途中の茶屋で「おしるこ」を食べて満足!
インからスタートでインは難しくちょっと渋滞気味だったので
おしるこ食べる時間もあったしね
そんな時の「あんこ」って最高に美味しいわぁ

でも、まだまだお腹がいっぱいにならなくお昼が待ち遠しい(笑)

で、、そのお昼
お昼時間がちょっと長く1時間あったので

a0157935_21401293.jpg


カツカレー!初めて食べたわ
定番で前からあったのですが
初めて食べた!それだけお腹が減っていたのだわ

カツも揚げたてで美味しいわ(ここのレストランにしては美味しい!)
満足満足

今日はよくご一緒してもらっているムッシュMさんとHさん
Mさんは昔はシングルプレイヤーだったのですが、お年で飛ばなくなったと嘆いていました
H氏はまだお若い(とはいえ、、40台)そして飛ばす飛ばす!
でも、ゴルフって飛ばせば上手、ってわけではないのですよね
真っ直ぐ飛ばすのも必要
これが難しい


今日のワタシ
パーが3つ このコースで3つは難しいから良く取れたと思うわ
しかし、グリーンで往復ビンタやってしまったり、、ドタバタも
アプローチが良かったときには必ずちゃんとパターを沈められたのが良かったわ
のでスコアが良くなったみたいです

練習もしなかったけど、終わってみたら結構満足な数字
良かった良かった

この時期、、軽くですが花粉症があり、目がしょぼしょぼ
ゴルフには気分の良い季節ですが、、外のスポーツがつらい

行きたいような、、どうしようかな〜、、次のラウンド、、、

a0157935_2152487.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-18 21:55 | ゴルフ | Comments(0)

「春となり」 ウエルカムティー

a0157935_84231100.jpg


あっという間にブログ放置で1週間、、すみません、、生きてます!

さて、、気を取り直して

楽しく進んでおります冬の食卓「春となり」

娘が名付けてくれました

昨日プレバト(梅沢さんとなっちゃんの掛け合いのファン笑)
で季語の話をしていましたが「春となり」=春隣

これは冬の季語です

冬も終わりになり、春の気配が感じられるようになる頃使われます

「ちゃんと季語を踏まえて名付けているでょう?」って胸を張る娘、、、
いつもありがとうございます。。。さすがのネーミングです

本当に春が感じられるようになったこの季節にピッタリでしたね〜^^

さて、、、まだレッスンが残っていますので。内容は終わってから

ここではウエルカムティーのお話

a0157935_8482636.jpg


パリから仕入れてきましたLøv Organic(ラヴ・オーガニック)
クスミティーのセカンドラインです

パリお好きな方は「クスミティー」の名前は良くご存知ですよね〜
Løv Organic(ラヴ・オーガニック)はまだ日本に入っていませんので
ここでお試しいただけるのはワタシとしても嬉しい


今回はEAU DE FRUITS EXOTIQUE エキゾチックティーです
カフェインフリーのハーブティー
りんごピースとローズヒップ、マンゴーのピースとハイビスカス、変わったところでチコリ
それにパイナップルとパッションフルーツのフレーバーがついています

ね、変わったお茶ですよね

これを見た生徒様「グラノーラみたい〜!」
ほんと、、サクサク食べられそう(笑)

ちょっと酸味もありますがとても穏やかなお茶です

ゆっくりとエキゾチックティーを飲みながら、今回の料理のあれこれをしゃべらせて頂きました

そのお話はレッスンが終わってからこちらでもおしゃべりさせていただきますね

a0157935_8571581.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-17 08:58 | 料理教室 | Comments(0)

冬の京の旅

a0157935_20373129.jpg


行ってきました「冬の京」

女子旅〜^^

考えてみれば、女子旅なんていつぶり??

結婚してから初めてじゃないかしらん?
ダンナさんからも
「結婚前は言っていたみたいだけど、結婚してからは初めてじゃない?」って

そうなんです!!

子供が小さかった時はそんな旅なんて夢の夢だったし
その後は海外転勤が多かったワタシ
海外では当然ダンナさんと旅していたし
そんな感じで旅していましたが

今回「女子旅〜^^」

憧れの女子旅をこれまた憧れの京都で楽しんで来ました

旅行記は落ち着いてからアップします
冬の京都は普通公開されていないところが公開されていて魅力的でしたよ

教室がまだまだ続きますので
冬の食卓のレッスン頑張らせてもらいますね

今から来てくださる生徒様
楽しみにいらしてね

a0157935_20454434.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-11 20:46 | 旅行 | Comments(0)

ショコラ 君がいて、僕がいる

a0157935_21203059.jpg


アップネタが溜まりすぎていてどこから手をつけて良いのやら、、
とりあえずメモリーしたい映画から

フランス映画です
最初にシルク(サーカス)の映像が出た時に
北マレにあるサーカスだ!と思った
これは何度も何度も前を通りいつか行こうと思ったのに一度も足を運ばずに
パリを後にしてしまった「冬のサーカス」ではないかしら?、、、

a0157935_21243373.jpg


フランスで初めての黒人の芸人と彼を見出して生涯支えた相棒のフティットの物語です
このフィテットは喜劇王のチャップリンの実の孫が演じています


1890年代、まだ人種偏見が激しくて白人至上主義だった頃
フランスの北部のサーカスで人気だった白人と黒人のコンビが
パリの一流のサーカスに移りそこでも人気が出、サーカスの花形となり
最高の栄誉を得ることになります

ですが、まだ人種偏見の激しい時代
お金は得ることができても偏見はまだ強く思うようにいかない黒人のショコラ
学問もちゃんと納めていない彼は次第にギャンブルへとのめり込むようになります

a0157935_21313264.jpg


それでもショコラとの芸に未来を感じた白人のフティットは全力でショコラを支え続けますが、、

a0157935_21323121.jpg


これも実話です

フランスでこんなコンビがあったことを知らなかったので
最後は良くない方向に進んでゆくのだろうと思って観出しました
(うまくいっていたら今は名前が残っていてワタシでも知っていたでしょうしね)

この時代の笑いのツボは今の笑のツボとはちょっと違うので
スクリーンで彼らの喜劇を見ても(現代では)笑うことはできない喜劇ですが
でも、時代に沿った笑いを得ていたことが充分に伝わってきました

a0157935_21351967.jpg


ショコラは自分を理解してくれる白人の伴侶に出会うこともできましたが
まだ辛い世間の目が2人を時代の隅へと追いやり、、、

最後はサーカスの片隅で病を患い死んでしまうショコラ

サーカスのテントの明かりとりのビニールの窓が
まるで棺桶の窓のようで
虚しさを覚えた映画でした

早く時代に出すぎた「天才」
彼らもそうだった2人だったのでしょうね

今は人種のるつぼの様なパリ
こんな肌が黒いというだけで天賦の才があったのに
こんな人生を送った人が居るというのを知ることができた

映画って、、知らない時代、知らないことを教えてくれる
ワタシにとって貴重なツールですわ

a0157935_21455557.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-05 21:57 | 映画 | Comments(0)
line

パリ駐在から日本へ フランス料理を極める?


by chez-nami
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31