Chez-Nami

cheznami.exblog.jp ブログトップ

タグ:旅行 ( 237 ) タグの人気記事

「石葉」湯河原へ和食を食べに、、


a0157935_21341311.jpg
箱根の奥座敷 湯河原
大好きな旅館です
なかなか予約が取れないのですが
「石葉が週末取れるよ!行く?」って3ヶ月前にダンナさんがパソコン覗きつつ
お誘いしてくれて
大好きなところにまた訪れることができました
今回で三回目

a0157935_21381584.jpg
三回ともなぜか同じお部屋の「岩戸」
「意識して同じ部屋を取ってる?」
「いや、空いていたのがこの部屋と一番小さな部屋だったからここになった」
だって、、
石葉ではこの部屋がお決まりとなりつつあります
同じ部屋だとなぜかとても落ち着きます、、

ウエルカムティ?の明日葉茶
a0157935_21411090.jpg
こちらの旅館は余計なものはないくらい必要なものしか置いてありませんが
一つ一つとても品の良いしつらえです
落ち着きますねぇ

ミシュランの2つ星をとっているらしいです、、
最初泊まった時はそんなこと知らなかったので、、いつ取ったのかしら?
特別なプランもサービスもないのですが
90パーセントの客室稼働率らしいので、、すごい宿なんですね

大浴場も気持ちの良いお湯でのんびりしてしまいます
内風呂もついていて、今回初めて入ったのですが
それはそれで落ち着きのあるお風呂
ここは日常を離れて心の洗濯ができるところですね

a0157935_21494294.jpg
で、、やっぱりお楽しみはこれ!お食事

a0157935_21500976.jpg
a0157935_21510625.jpg
ゴルフ場で生ビールを飲んでいたワタシ
瓶ビールでスタート
ダンナさんは「ここは生ビールですね」って生ビールから
でも和食は日本酒だよね
と、、ビールが終わったら日本酒にチェンジ
の予定ですが
ゆっくりと食事しつつゆっくりとビールを飲んでたら
なかなかビールが終わらない、、珍しいことだわ(笑)

a0157935_21530763.jpg
今見てもこれ、、美味しかったなぁ
って味が蘇るわ

a0157935_21533700.jpg
酒量が減ったのかしら?
前はもっと飲んでいたような?
って仲居さんに言ったら「そうですね、前回は日本酒の飲み比べをご注文でした」
と前回のお酒までちゃんと把握していました
好みを把握しているんでしょうね、、
「酒量、減りましたね、年でしょうか?」と返してしまいましたわ

ちょうどこの日、湯河原の「お湯かけ祭り」でした
来る時に街を通った時に神輿とお湯をためるポリバケツがあちこちに置いてあったんです
練り歩くお神輿にお湯をかけるお祭りだそうです

石葉は街から少し山を登った所にあるのですが
外からその賑やかなお祭りの音が遠くに聞こえてきて
「夏」の1日のような錯覚
美味しい食事とお酒
耳には夏祭りのざわめき
最高の食事でしたわ〜!!

a0157935_22011343.jpg
こちらで毎回楽しみなのは土鍋炊きのご飯
今回は筍とばちこ(干しからすみ)

食事を急がすことなく本当に良いタイミングで運ばれてくる食事
最高の食材と調理
毎回楽しみの一つなのは器
日本料理はすごいですね
器ひとつでこんなにも料理が引き立つのですね
フレンチにはない器の選び方
これが本当に楽しみ

a0157935_22080297.jpg
お腹いっぱいになってゴルフの疲れもあり
いつの間にか深い眠りに、、



朝、まずは旅行の楽しみ!朝風呂〜〜
夕方お風呂ではお一人だけご一緒でしたが
途中で出て行かれたのでほとんどお風呂を独り占めでしたが
朝風呂は同じ時間に入る人が多いらしく
7人?ご一緒でしたわ
お部屋の数が10しかないので
ほとんどの人がお風呂に来ていた?(笑)

ワタシより若い方が半分
こんな純和風な旅館ですが
若い方も多く宿泊されているのには驚き
お若い方たちもこの宿の雰囲気に沿ってとても静かにお風呂に入っていましたよ
石葉はそんなお宿ですよね

そしてお楽しみの朝食!!

a0157935_22150951.jpg
ANAの国際線のファーストクラスの朝食に選ばれたこちらの朝食
ダンナさんが最初にこちらに泊まった時に
「ここの朝食は絶品」って唸ったもの、、
でもね、、その時は先代が作った朝食
その後、若旦那に引き継がれたのですが
「感動がちょっとなくなってきたんだよね、、最初は感動!って朝食だったんだけど」ってダンナ
ううむ、、ワタシは美味しいんだけど?
慣れちゃったんじゃない??

a0157935_22183818.jpg
こうやって写真をアップしてると
味が甦ってきて2度美味しい(笑)

a0157935_22191973.jpg
なかなか取れないのが本当にわかります

ゆったりと湯河原でお湯に浸かり
美味しいお食事を頂く

贅沢とはこんな時間ですね

贅沢な時間を有難うございました

石葉、泊まるためだけに足を運ぶ価値のあるお宿ですね

a0157935_22213449.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-05-30 22:22 | 旅行 | Comments(0)

富士カントリークラブ

a0157935_21421279.jpg
5月の最終土曜日
湯河原の大好きなお宿の「石葉」が取れたので湯河原に出かけることに
で、、いつもどおりゴルフ!
朝食が美味しいので宿ではゆっくりしたいので
ゴルフをしてからお宿に向かうことにして
朝早く起きて6時すぎには家を出て向かうは「富士ゴルフクラブ」

普通ならプレイ開始1時間半前に着くようにゆっくりと時間を設定
余裕を持って出たつもりだった、、
ですが途中で事故渋滞に3箇所で会う、、
もう最悪ですね

ゴルフクラブがインター降りて3分!というところでしたので
プレイ開始10分前にクラブに滑り込み!!

a0157935_21472905.jpg
ここは昭和33年に開場したという歴史あるゴルフ場
すべてのコースから富士山を見られるという最高のロケーション
特にインの13は富士山に向かっての打ち下ろし!
気持ちよく富士山に向かってクラブを振ることができて気持ちいい〜〜!!
はずですが、この1枚写真を撮っただけでスタート
練習なしですわ、、

a0157935_21520813.jpg

歴史ある富士カントリー倶楽部
このクラブハウスは国の登録有形文化財だそうです
帝国ホテルで有名なフランクロイド・ライトの下でアントニン・レーモンドの設計
富士山の麓の山小屋風で周りの景観に合っていて気持ちのよい空間でした


a0157935_21545939.jpg
お昼は朝早くてお腹が空いていたのでガッツリと若鶏南蛮揚げ
「生ビール飲んで良いよ」ってダンナさんからお許し受けて
生中!富士山眺めてゴルフして生中!!
最高ですねぇ、美味しかった〜!
いつもすみません、ダンナさん

実は出かける前にレストラン情報を見て「あまりホームコースと変わらない」
って期待していなかったけど
美味しかったわぁ!
ホームコースのレストランが最悪なのは未だ変わりなしですわ、、(泣)

a0157935_21593332.jpg
風が強かったこの日
富士山はとても綺麗に最後まで見えていましたが
手強い風と強いラフに悩まされました
でも、、なんとなくいつもとそんなに変わらないスコアでホールアウト
近頃はこんな感じですね

ダンナさんは午前中ハーフはとても調子が良かったけど
後半で崩れていました、、
なかなか1日調子を維持するのは難しいですね
だからゴルフって面白い??

たまにはこんなコースでゴルフも素敵

しかし、、、、間に合って良かったわぁ
途中で間に合わないのでは?って思ってしまったもの

何度も箱根には足を運んでゴルフしていますが
こんなことは初めてでしたわ

事故の特異日?
みなさま、、気をつけて運転しましょうね

a0157935_22033780.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-05-29 22:09 | ゴルフ | Comments(0)

京の冬の旅 10

a0157935_12483039.jpg


出町の豆大福抱えて向かった先は「建仁寺の久昌院」
京の冬の旅での公開では20年ぶりです

こちらは襖絵が有名で「長篠の戦い」で功績を称えられて襖絵として残されています
あとはお庭、茶席の「遠州別好ノ席」があります

中には茶室が3つありましたが、意匠を凝らした素晴らしい茶室
粋な京を拝見

の後はお昼〜〜!

a0157935_12555324.jpg


最後の日のお昼がこれまた素晴らしい
こんなちょっと行き過ぎてしまうような小さな道を通るとそこには古い建物を利用したお店

a0157935_1257342.jpg


何気ないお席ですがとても落ち着きます
最後に丸いものをちょっとおいたらコロコロと転がってしまったんです、、、
相当古くて建物自体が傾いでしまっています

a0157935_12583833.jpg

a0157935_1259731.jpg
a0157935_12585567.jpg

a0157935_12592369.jpg

a0157935_12594594.jpg

a0157935_12593539.jpg


フレンチだったらあれこれ書いちゃうんだけど(笑)
日本料理はただ単に「おいしい」って食べる

本当に美味しかったわ

こちらのお店、来年にはこちらにはないんです
建物が古くて近くに移転が決まっているそうです
この建物だから雰囲気もあり良いのかもしれませんが
新しいお店でも美味しいものを作り続けてもらいたいですね

と、、このお値段はとても価値あり!なのでお値段もそのままだと〜〜、、嬉しいなっ!

a0157935_1335030.jpg


冬の京の旅の最後に向かったのは「妙法院」
冬の旅では13年ぶりの公開
特に今回は「七卿落図」が公開されるのが目玉
教科書でしか読んだことがなかった「七卿落ち」
一人、、二人。。。あれ?一人足りない?
と解説のお姉さんに一人足りないんだけど、、
え?一人二人、、、7人。。。あれ?居ましたねぇ、、

その他にも国内最大級の庫裏(国宝)や御所の旧殿を移築した大書院(重文)
見所いっぱい

「ここね、、、何度も前を通って何があるんだろうと思っていたところだったんだ」
と京都に詳しいお友達

何度も京都を訪れているお友達ですが
それでも京都って訪れ足りない所

わかるわぁ、、
だから「京都」って言葉を聞くと「わくわく」してくるんですよね

この後、お土産を買って予定通りの新幹線で関東に戻ってまいりました

冬の京都
女子旅


150年前、、、京都で歴史が動いた

150年後、、動いた場所を巡って来ました

そんなに寒くはなく気が引き締まるくらいの空気感

何度も京都を訪れているから、素晴らしい処を良く知っていて
あれこれとアレンジしてくれたお友達、本当にありがとう
ご一緒いただいたお友達、、楽しかったですね〜^^

ご一緒してくださりありがとうございました

はんなりとした路地や灯り、白壁や石畳
特別拝観の冷たい足元の感覚

素敵でしたわ

150年前を後にしてからも、、新幹線でもお喋りに花が咲きましたね〜
それも楽し!女子旅でしたね

a0157935_1323722.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-04-09 13:25 | 旅行 | Comments(0)

京の冬の旅 9

a0157935_2137051.jpg


旧三井家下鴨別邸

明治から大正にかけての歴史的建造物として重文に指定されたてたものです
修復作業が行われていて、一般公開が開始されたのが2016年の10月から
公開された時は2時間待ち?何てディズニーランド並みの待ち時間だったらしい、、

a0157935_21413761.jpg


呉服を商っていた三井家
大正から昭和にかけて下鴨別邸では先祖のための霊祭が行われいたのですが
戦後の財閥解体で国有化されました
最初は鴨川を臨む建物として建てられたので
鴨川の眺望を楽しめるように設計されています

a0157935_2146441.jpg


是非座ってみてください
と、言われてこの場所に座ってみました
今までどの所でも立って色々な景色を見ていましたが
座ってみる風景は違いました
本来、座敷では座っているもの
その目線で見た庭園は立って見るよりも奥行きがあり広く見えました

この建物、国有化されてからは裁判所所長の官舎として使われていたので
庭園まで手が入れられていなく荒廃していたのですが
公開に合わせて手を入れてきたそうです

日本って、、「財閥」があって芸術家を支援したり素晴らしい建物を建てたり
事業を起こしたり、、
財閥解体って良かったような、、悪平等ができてしまっただけのような、、
この素晴らしい建物を見て
「財閥ってあっても良かったのでは?」なんて思っていましたのよ、、

公開直後と違いとても空いていました
ゆったりとゆったりとした豪邸を拝見させてもらえましたよ

a0157935_21593490.jpg


さて、、その後に向かうところはありましたが

「この近くに有名な和菓子屋さんがあるんだよ!寄ってく??」
そりゃ答えはひとつ
「行きます!」

この日は東京に戻る予定でしたので生の和菓子買って帰っても大丈夫だよね〜!
と行ったらこの行列!
これがどうも日常らしい、、、

この行列を並んでいるうちに
「重いから大福1個だけ買って新幹線の中で食べて帰ろう!」
という予定を立てていたのですが
いざ自分の番になると
「あれと、、これと、、これと、、、あっ!それも〜」って何個も購入(笑)

行列って変なパワーがありますよね
いっぱい買っちゃうっていう(笑)

「出町 ふたば」さん
あんこが美味しい〜!

京都ってやっぱり和菓子も最高

並んだ甲斐がありましたわよ〜!

a0157935_2293691.gif


京都のアップもあと少し
もう少しお付き合いくださいませね〜
[PR]
by chez-nami | 2017-04-01 22:10 | 旅行 | Comments(2)

京の冬の旅 8

a0157935_11301695.jpg


3日目の朝は有名な「スマートコーヒー」から
朝はコーヒーが必需品のワタシ
こんな香り高いコーヒーから始められる日って何か良いことがあるような気がするっ❤︎

昭和7年に創業した京都三条の喫茶店

a0157935_11332037.jpg


レトロなこの雰囲気
東京だったら神田あたりに数件残っていそうだけど、どこにあるやら?
スタバやドトールに押されてこんな喫茶店は見かけなくなってきていますよね、、

a0157935_11345749.jpg

a0157935_11351064.jpg


ホットケーキ(パンケーキじゃないところがレトロでしょう?)とフレンチトースト
オーソドックスな味が嬉しい懐かしさ
京都って過去と現在がうまく調和されているから魅力なのですよね

a0157935_1137350.jpg


丁寧に焙煎されたコーヒー
嬉しい朝の香りです

朝はコーヒーがないとはじまらないワタシ
、、、もしかしてコーヒー飲めないかも?って思った時は
旅行鞄の中にスティックコーヒー入れて旅行に行くんだ、、お湯は普通なら沸かせられるしね、、
コーヒー、ステイックでも良いから一口は飲みたいんだよね、、これって習慣だけどね

なのでこんな香り高い朝は最高な始まりですのよ〜〜!

a0157935_1141214.jpg


京都の三条をスマートコーヒーに向かって歩いていたら
本能寺があった
へぇ、、、ここが本能寺なんだ
って見ていたらタクシーが後ろに止まって、す〜〜って窓が開いた
へ?乗りませんよ〜〜って思っていたら

「よく見てみ!」本能寺の能の字が違うからって
タクシーの運転手さんが話しかけてきた

有名な「本能寺の変」
その時に本能寺はすべて消失してしまったらしいのですが
本能寺ってその前にも何度も焼けているんですってね
何度も何度も消失してしまったらそれは嫌な感じしかしない!
ってことで
「能」のヒの字が「火」を連想させるってので縁起が悪い
ので、、「去」の字を当てたらしいのです
写真が遠くてわからないかもだけど、本当に「能」の字が違うんです

「本能寺の変」の時にはすでにこの「去」の字が使われていたらしいので
残念としか、、

と、、、これだけ喋って
す〜〜って窓が閉まってタクシーのおじさんが行ってしまいました!!

お〜〜〜親切っ!京都の人って親切
この旅行、あちこちで色々な人にあれこれ教えてもらっている
ただ、単にそこに立っていただけなのに

嬉しいこんな知識を仕入れて
3日目、最終日のスタートでした

a0157935_11531111.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-04-01 11:55 | 旅行 | Comments(2)

冬の京の旅 7

a0157935_2019488.jpg


京都はただただふらふらと町を歩いているだけで
旅心を刺激してくれる町です

特にこの景色

「そうだ!京に行こう!!」

って言いたくなる景色(笑)

ここはさすがに人通りが多い
和服を貸し出してくれるお店が増えていますね
この和服を借りて町を歩きたい気持ち、、わかりますわ

でも、、貸し出しの着物。汚れが目立たないようになのかもしれませんが
色の強い柄物が多いですね、、(これならちょっと汚れても目立たないわね)
京の町が今までよりも華やか、、というか
京都の「はんなり」はどうした?って感じですね、、
観光地は仕方ないですけど、、

と、、ブツブツ言いつつ(ワタシだけだけど、、)
この界隈をうろうろ

a0157935_2024216.jpg


と、いうのもこのあたりは素敵なお店があるんです
金網のお店、、お高くて「見るだけでも良いですか?」と断って入ったお店
気持ちよくあれこれと説明いただけました
そのうち、、お財布に余裕ができたらこんな一つ上の手作りのものも素敵、、(いつだ??)

そしてこの「裏具」
お友達が目をつけていたお店

a0157935_20263870.jpg


京都らしい便箋やら一筆箋、誰かにプレゼントしたくなっちゃう
表の道から細い道を入った先にこんなお店があるもの京都

a0157935_20281575.jpg


そして、そんなお店をプラプラ見て楽しんだ後は
楽しい夕食!
キッチンよし田を予約していてくれました

a0157935_20304538.jpg


とにかく元気なママさん
この方、「よしだソース」の創始者のお姉さま
よしだソースを使ったおばんざいがど〜〜〜んってカウンターに並んでいます

うわ〜〜うわ〜〜〜!!ってキョロキョロ
目が泳いじゃいました
「初めて来たならこの美人サラダから食べてもらうのが決まりなんだけど」
ってママさん

a0157935_20334298.jpg


ウホホホホ〜〜!山盛りサラダが美味しそう

a0157935_2034652.jpg


昨日までは湯豆腐とか「京都」らしい食事をしていましたが
これはこれで「京都」らしいおばんざいの数々で
毎回上品な京都のお味を食べていたワタシ達ですが
そんな料理ばかりでは飽きてしまいますので
嬉しいおばんざいの数々でしたわ

a0157935_20345484.jpg


こんなところでご飯食べてみたかったんだ〜!って何度も言ったような気がするっ!
「前に来て美味しかったから予約してみました」と有り難い一言

a0157935_20355815.jpg


トマトを絞ったトマト焼酎、これも美味しい
あれもこれも(笑)って食べてもそんなにお値段は張らずに庶民の味方のお店

よしだソースって関東でもちょっと大きなスーパーで見かける程のソース

焼肉とかに使っていましたが
こんな風に料理に広く使えるのね
帰ったらソース買ってあれこれ作って見よう
って思って、、今冷蔵庫にありますよ

あれこれ作っております!!
結構使えますよ

と、、お腹も膨れてホテルへと歩を進めます
ここからホテルまでは歩いて15分?くらい
腹ごなしにテクテクと夜の京都の街をホテルに向かって歩き

甘いものが欲しい!!と
ホテル横のコンビニで甘いものを仕入れてホテルで頂きました!
(こちらのホテル、ファミレスみたいに飲み放題で夜の11時までコーヒーやら
ジュースやら気軽に飲めるんです。なかなかないですよっ!こんなの)

デザートは必要ですよね〜でも、お店はもうやっていない!って時
コンビニって遅くまでやっていて有り難い
コンビニスィーツは侮ってはいけません
結構美味しいのだ と甘いものはちゃんと頂き

満足に、無事に2日目が終了いたしましたわ

a0157935_20445643.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-31 20:52 | 旅行 | Comments(0)

京の冬の旅 6

a0157935_9195340.jpg


昨日、ブログを読んでくれているお友達から
京都の旅、なかなか終わらないねぇ、、と突っ込みが入りましたが
まだまだありますよ〜!覚悟して読んでくだされ(笑)

さて、、2日目のくろたにさんから徒歩で向かったのは「聖護院」
聖護院かぶらでおなじみの名前

a0157935_9223656.jpg


今回の旅は色々と知らない事を吸収しております
この聖護院、山伏で知られる「本山修験宗」の総本山
昔は多くのお寺がありましたが今は少なくなってしまったそうです
へ。。。へえ〜〜蕪しか知らなかった名前だ(無知)

こちら、御所が火災にあった時には仮の皇居となったこともあり
宸殿(しんでん)には上段の間があって豪華!金色!!
よく時代劇で使われているらしく見覚えがあるぞ!

初公開の弁才天尊さま(素敵な衣装を身にまとっていらっしゃいます)
や宇賀神像の貴重な初公開のものも拝見させていただけました

a0157935_9302887.jpg


さて、、、朝はゆっくりとスタートでしたが
ここまできたらお腹が空きました!
で、、予定していた「権太郎」までテクテク

a0157935_9332316.jpg


美味しそうな店構え〜!

a0157935_9334466.jpg


大阪発祥のお店ですが京都でも50年を迎えています
鰹節と昆布のふくよかなダシにあんかけしたおうどん
これは日本人みんなが好きなお味ですよね

お腹が空いていたのでガツっと食べたら熱い熱い(涙)
あんかけでゆっくり食べても冷めませんが
最初にがっつくのは厳禁ですね(反省)

a0157935_9392467.jpg


お腹が満ちて体も暖かくなって向かったのは「知恩院」
こちらは徳川家の永代菩提所で今回の大政奉還150年に因む幕末の大政奉還に関わる所です

a0157935_9414162.jpg


すべての所で外に向かってなら写真はOKでしたが内部の撮影は禁止
そりゃそうだわ
でも、お庭だけでもこの知恩院の素晴らしさがわかるというもの
これは方丈庭園
こちらではカラフルな、、本当にカラフルな(爆)
かしましい、、大阪のおば様たち(推測)の団体に遭遇
一瞬中国??って思ってしまったのですが日本語しゃべってたし
ううむ、、、関西(大阪?)圏内に旅行中なり、、ワタシタチを再認識

知恩院は浄土宗の総本山で徳川家康が浄土宗の信者だったので手厚い保護があったのです
(家康が浄土宗だったってのも知らなくて今回知ったので、いろいろ勉強になりました)
徳川家の保護を受けたってことはすごいよ!
豪壮華麗。。薩摩藩の島津光久の宿所だった大方丈(重文)は特に見所満載
武者隠しがある上段の間や抜け雀の襖の菊の間
54畳の「鶴の間」などとにかく絢爛

対照的な瀟洒な子方丈
水墨画が絢爛な大方丈と対照的でとても目に優しく映りました

a0157935_10548100.jpg


知恩院の国宝の三門
素晴らしい!!

この壮大な三門を見ながらのコーヒータイム

a0157935_10104277.jpg


いいですね〜〜!
京都ですね〜〜❤︎

このコーヒーもスタンプラリーのスタンプ貯めてゲット!
賢い旅!ですわよ〜〜〜

a0157935_10121877.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-31 10:17 | 旅行 | Comments(2)

今日の冬の旅 5

a0157935_21471622.jpg


冬の京の旅
午前中はいつも日差しに恵まれて気持ちのよい旅行になりました

午後からはちょっと曇ってきたりもしましたが
朝一、たっぷりの日差しを受けると「今日も歩くぞ」って気になるもの
、、、とはいえ、、
2日目の最初の「金戒光明寺」3人だったら電車でもタクシーでも同じくらいの料金
ならばタクシーですね!って
「へいタクシー!」
これが正解
金戒光明寺はちょっと小高い場所にあるのです
タクシーの運転手は慣れたものであまり歩かなくてよいところに止めてくれる

a0157935_21513824.jpg


ツアコン(勝手に命名)のお友達が「くろ谷さん」と言っていて
どこのことを言っているのかと思っていたら、金戒光明寺のことだったのですね

この冬の京都の特別公開は説明が必ずついていまして
どの所でも丁寧に説明をしてくれていました
金戒光明寺の説明の最初に「くろ谷さん」の愛称が出てきたんです
そうだったんだ〜!説明が付いているのがこの特別公開の良いところですわ

金戒光明寺は幕末の会津藩の松平容保が本陣を構えたお寺です
近藤勇らがこちらで拝謁したので新選組誕生のお寺だとされています

特別拝観には大方丈の「謁見の間」「虎の間」(この虎の仕掛けが面白かったのよ)
その他では回廊式庭園の「紫雲の庭」など貴重なものを拝観させてもらえました

a0157935_2232555.jpg


そのあとは13年ぶりの公開の「西翁院」

a0157935_2235010.jpg


侘茶の奥義を極めた江戸時代の砂塵の茶室
これは重文です
淀や山崎の方まで眺められた高台でしたので「淀看席」とも呼ばれています
本当に簡素な茶室

a0157935_2282579.jpg


金戒光明寺を後にして次の聖護院に向かって歩を進める
聖護院まではプラプラ歩いて行ける距離です

で、、こっちの方かな?って向かった路地
「いい匂いねぇ。。」お腹空いたねぇ〜

a0157935_22131354.jpg


ああ。。こちらのお店からだ!と思っていたら
袋を下げたおじさんが
「ここ安いよ〜!」「買うならここだよ!」って言いながらお店から出てきた

ちょっと見たら何やら売っているものが、、
そりゃ入るでしょ!

a0157935_22144115.jpg


八つ橋の工場でした
良い匂い❤︎ニッキです

工場直売の八つ橋、結構入っている一袋300円!お安いっ!
今でも手作業で八ツ橋を作っていました
焼く前のまだ温かな八ツ橋をいただき試食
こんなの普通じゃ食べられないわ
出来立ての柔らかい(生じゃない)八ツ橋
ふらりと立ち寄ったところで楽しい買い物と経験

、、、と、、これは写真はないのですが
金箔を使った工房にフラりと立ち寄ったら
思いの外お喋り好きな店主さんで色々と聞かせてもらいました
天皇家の水引の色、、そうだったんだ〜!(天皇家の水引は白と黒なんです、お葬式用ではありません)
と貴重なお話
こんなふらりの旅 楽しい時間

ふらりふらりと
聖護院に向かう途中でニッキの香りの八ツ橋と楽しい話がお土産にできました

こんな時間、旅ならではですね
おばさん3人だから図々しくなれて、おかげさまで楽しい時間を持つことができました(笑)

a0157935_22234410.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-29 22:30 | 旅行 | Comments(0)

京の冬の旅 4

a0157935_21262118.jpg


この雰囲気のある佇まい
これぞ「京都」よね
それも「祇園!」  嬉しいわぁ❤︎
祇園で湯豆腐と湯葉の会席を頂いてきました

雰囲気ある入り口をくぐり案内されたのは2階の席
それも個室!
1日目、歩き回って疲れていましたので
個室でゆっくりと食べる食事はそれだけでも癒されます

a0157935_21292486.jpg


湯豆腐と湯葉 ビールが美味しい〜〜!!

a0157935_2130277.jpg


京都のお食事はとても品の良い味付け
いいですねぇ!京都って感じですわよ〜^^

湯豆腐を満喫した後は京都の街をそぞろ歩きの予定

店を出たら雨が降っていたらしく、道が濡れている
食べている間に雨が降っていた模様
雨に合わなくてラッキーでしたわ
雨が降っているのに気が付かなかったのですが(おしゃべりか??)
道を見ると結構降っていたようです、、

a0157935_21403755.jpg


東山の花灯路は
京都の新しい風物詩となるようにと平成15年から始められたイベントで
雰囲気のある「灯り」が神社仏閣、京都の素敵な道を照らしています

雨に濡れた道が暖かな「灯り」に照らされて
本当に美しい京都を見ることができました

そこに「舞妓」さんが登場
うわぁ!!ってカメラを構えようとしたけど
なんだか変だぞ、、この舞妓さん
「舞妓になれる」ってそんなのあったわよね、、それだ!、、、
紛らわしわねぇ、、この灯りで騙されるところでした(って騙す気はないでしょうけど 笑)

a0157935_21433476.jpg


幽玄な美しさの東山の花灯路を見て
1日目の京都が終了

駅から送っておいた荷物も無事にホテルに届いていましたし全て予定通り!
ホテルは大浴場があるということで大きな浴槽でゆっくりとして
旅の1日目が終了いたしました

そうそう、、、こちらシングルを3つ予約していましたが
シングルからツインにお部屋が格上げになっていて
3人とも1人でツインをゆったりと使うことができ
これまた大満足でしたのよ〜!!
ラッキ〜〜〜^^

a0157935_2152838.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-03-28 22:01 | 旅行 | Comments(2)

京の冬の旅 3

a0157935_21453081.jpg


壬生寺から向かったのは
そこから近くの「八木家」

江戸の末期ぺりーが来航してから尊皇攘夷を唱える人が増え
幕府を倒す動きが出るようになり
それをどうにかするために幕府は浪士を集めて家茂の護衛のために京都に向かわせました

しかし、清河の企みはこの浪士たちを倒幕の役に立つようにするつもりで
反旗を放り返しましたが
13人の浪士だけが初めの目的を達成するために京都に残りました

それが「新選組」
会津の松平容保に取り入り、京都の守護職につくことになります

そして、その13人が偶然に泊まっていたのがこの「八木家」
なので新選組の発祥の地がここなのです


a0157935_21564983.jpg


その中でも力のあった「芹沢鴨」
彼の乱暴振りが目立つようになった時に「暗殺」の命令が会津藩から下りました

沖田総士、土方歳三、新選組の中でも刀の立つものが
芹沢の暗殺をします
これもこの「八木家」
芹沢鴨が眠っていた部屋でこの家の説明を聞き
息絶えた隣の部屋も見学ができます
その部屋の入り口にはその日の惨劇の刀の傷が柱に残っています

、、、新選組の小説はよく読んでいたので
この家に来て、、当時の様子を垣間見られたのは本当に嬉しい
浅葱色の隊士たち、没落しつつある幕府を信じて突き進む、、、悲しい隊士たち

現在では家がひしめく町ですが、当時では畑が多く壬生菜や藍がよくできたそうです
それで染めたのが浅葱色

壬生の色が新選組の色なんですね、、、

って昔に思いを馳せていましたが
実際は浅葱色って、、会津の一番身分の低い色だったので
あまり着なかったそうなのです
おしゃれな沖田総士はこの色が大嫌いだったと文献が残っているそうですよ

、でも、、壬生だもんね

a0157935_2211930.jpg


八木家の外では「鶴屋」さんという和菓子屋さんでお茶をいただくことができます
っていうか、、このお茶とセットで入館料が売られています

一つ前の狂言堂の解説の方が
「お菓子と一緒でも高い!高い!』って言っていましたが
京都に住んでいれば高いかもだけど
ようやくここまでたどり着いたワタシ達!
高くても行きますよ!

とお茶と一緒の券を購入して入りました、、、

そこは、、「若い女の子だらけ!」の場所でした
へぇ、、、京都に来てからワタシ達って平均年齢を下げているくらいの年回りでしたが、、
ここでは「今までどこに、こんな若い子達いたの?」ってくらい
わさわさ若い女の子達が、、
新選組の漫画?アニメ?か何かのキャラのグッズ持って、、
みんな神妙に解説を聞いていました

びっくりよ〜!
そうか、新選組って何かのアニメ?のキャラで素敵になっているんだぁ

でも、興味を持ってくれて嬉しいですわ^^

八木家
来てみたかったところでした
見ると、想像していたよりよりリアルに当時が想像できて
余計に土砂降りだった芹沢鴨暗殺の当時が目の前に広がってきました

a0157935_22272464.gif





[PR]
by chez-nami | 2017-03-24 22:34 | 旅行 | Comments(2)
line

パリ駐在から日本へ フランス料理を極める?


by chez-nami
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31