Chez-Nami

cheznami.exblog.jp ブログトップ

王侯達に愛された陶磁器

今年はインフルエンザが蔓延、、
受験生を持つ親としては自分が病気を持ち込む訳にはいかないので
人ごみは極力避けていましたが
欲求は抑えられず、、友達と行って参りました
「東京ドームのテーブルウェア展」

a0157935_11133691.jpg


a0157935_11135349.jpg


沢山の方がブログでアップされているので今更アップもないのですが
今回は「ロイヤルに愛された器たち」
と言う事で、多くの名窯を見る事ができて
大好きなワタシはテンションが高くなって興奮気味

ドイツはバイエルン(ドイツ南のミュンヘンあたり)の磁器工房
「ニュンヘンブルグ」を見る事ができたのが本当に嬉しかった

これ、ドイツでもなかなか目にする事ができない「幻の名窯」
ドイツっ言ったら「マイセン」とか「ビレロイ」とか有名な物がありますが
ニュンヘンブルグとかドレスデンとかは余り知られていないんですよね

ニュンヘンブルグの土は普通よりも多くねかせるので
薄く伸ばしても切れない生地
それは世界でも最高級品質だそうです

成形から絵付けまで260年前の技法をそのまま今でも、、
動力も工房内に流れる小川からの水車を利用している徹底ぶり

なので、流通量が少なく、ヨーロッパでもなかなかお目にかかれません

それが、こんなにいっぱい〜〜♡うひょ〜〜♡

これはバイエルン王家が代々持ち続けている名窯で
今でも子孫達がオーナーになって、伝統を守っているそうですよ
こんな所にヨーロッパの伝統を守る人達の良さを見ます

a0157935_1124448.jpg


アウガルテン、見慣れたマリアテレジア
見慣れているだけに、幻の窯の前ではこんなステキな物も普通に見えちゃう、、

a0157935_11253745.jpg


このアウガルテンはなかなかウィーンでも見かけません
流石にテーブルウェア展だ


その他にモナコ公国の「マニファクチャードモナコ」
あんな小さな所に窯があったんだ、、、知らなかった
モナコは当時、F1に夢中だったワタシが
「セナ」が走った道〜〜♪って喜んでF1の走る道をルンルンでドライブしたっけ、、
あ、、これは余分な話ね 
そんな旅行だったから、陶磁器工房を探すなんてしていなかったもんね、、

a0157935_1131033.jpg


ロイヤルクラウンダービーからのタイタニックの復刻版
こちらもビクトリア女王からロイヤルの称号をもらった名窯

ロイヤルアントワネットみたいにふちがフリフリで小花が踊るって物は
ワタシの趣味でないけど
こんなのは好きだなぁ〜

と、、洋物を見ていたら

「大倉陶園」のコーナーが、、

こちらの「藍」の色にノックアウト〜!

a0157935_11393180.jpg


日本の陶磁器の良さを再認識して大興奮で帰宅いたしました

海外の王家も良質な窯を持っていますが

日本の皇室も本当にステキな窯を使っていますね
日本の「藍」は他の国には無い「藍」でした
[PR]
by chez-nami | 2012-02-12 11:44 | 日本 | Comments(16)
Commented at 2012-02-12 14:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Madame Cow at 2012-02-12 17:22 x
こちらでも活動的な日々を送っておられますねぇ。
そうか~、こんな季節だったんだ~。と、今頃思い出しました。
うちは明日で試験が終了です。って会社を休むわけでもなく普通に過ごしている私。 お時間ありましたら呼び出してくださいましね。
Commented by uransuzu at 2012-02-12 21:53
さすがにnamiさま視点の東京ドームのテーブルウェア展は、ひとあじ違います。
もう、感心しきりですのよ、ワタクシ。
大倉陶園の良さもアップしてくださって、ありがとう❤
(って、なぜに私が感謝するのかしら 笑)
Commented by りえ at 2012-02-13 00:07 x
Chez-Namiさん、こんにちは。ドームでの陶器展なんて、凄そうですねー。私も大蔵陶園の藍、それに地の白が大好きです。ノックアウトってわかります。他の物では見れない色ですよね。
明日から二泊、極寒のパリへ行ってきます。アスティエを覗けたらと思っています。
Commented at 2012-02-13 10:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pikeflower at 2012-02-13 10:40
今年はこのフェステイバルに、いけなかった・・(涙)
でもnamiさんのおかげでちょっと楽しめたゎ^^
大倉陶園、やっぱりいいですね。
日本の陶磁器いいですよ~。
Commented by chez-nami at 2012-02-13 12:44
鍵コメ14:37さん
大倉陶園はあちこちで見かけてはいるのですが、
洋物を見た後にこの藍を見たときは鳥肌ものの美しさでした
、、、お高いのも頷ける
ソルドででもいこうかしらん?
日本の陶磁器も良いし、、ああ、煩悩だらけのワタシですわ〜(^_^;A
Commented by chez-nami at 2012-02-13 12:47
uransuzuさん
大倉陶園はそれなりに見ていましたが
やっぱり良いですね
洋物のあとの「藍」は美しかったです
フレンチの後のお茶漬け?無茶苦茶なたとえですね〜(笑)
遺伝子の中に日本って組み込まれているんですね
日本の「藍」は特に美しく感じられました
Commented by chez-nami at 2012-02-13 12:48
鍵コメ10:26さん
ワタシも打ち間違えだらけのブログです
(見直しなしで送っちゃうんだもん、、)
セーブルの深い藍もこれも、、一流品
いいですよね〜♡ 
Commented by chez-nami at 2012-02-13 12:51
pikeflowerさん
今年も大盛況でしたよ
写真を撮るのが大変なくらい人が居ましたもの
洋物ばかりに目が行ってしまっていましたが
日本の「藍」はホント、素敵でした
来年は是非足を運んで下さいね〜
(来年は行けないで、pikeさんの所で楽しみますね)
Commented by chez-nami at 2012-02-13 13:12
mme-cowさん
コメント遅れてごめんなさい〜<(_ _)>
我が家の娘はまだまだこれからなんです
なかなか東京に行けない毎日を過ごしているんです、、
でも地元でこちゃこちゃ遊んでいます
ダイエットも、、頑張っています
あった時から又増えてたので、体重落としに必死なんですよ、、(ノ_・、)シクシク…
Commented by chez-nami at 2012-02-13 22:43
りえさん
コメント遅れてごめんなさいね〜<(_ _)>
今頃はパリでしょうか?
アスティエ、、良い物がありましたか?
こちらの「白」もなんとも言えない暖かさがありますよね
日本の「藍」は本当にヨーロッパでは無い色です
日本の窯も絶対負けてはいませんよ〜嬉しいですね
パリの収穫、そのうちにアップしてくださいね♡
Commented at 2012-02-14 01:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinn-lily at 2012-02-14 03:14
かつて私の結婚のお祝いにもらったミントンのカップを娘にあげることにしました。
新しい所帯に引き継がれるのもよいかなと思って。
で、戸棚に隙間ができました。
今度はゆっくりと、ひとつづつお気に入りを選ぼうかなと思っています。
日本のも素敵ですね。
6客ばらばらのものにしようかしら、ちょっと夢が広がります。

おそくなりました。
リンクさせていただいた記事、upいたしました。
有難うございます。
Commented by chez-nami at 2012-02-14 21:41
鍵コメ1:13さん
こんばんは〜♪
コメント嬉しいです。娘の受験で帰って来ています
鍵コメさんも受験で一時帰国を経験されたのですね
赴任も子供にしてみれば、普通より負担をかけてしまいますよね、、
頭は??だけど、体力だけはありそうな我が娘
体力だけで乗り切ってくれないかなぁ〜なんて思っております

なので、、ドームに行って来ちゃった
やはり大倉の藍は皆さん好きなんですね
「ワタシも」ってみなさん同調してくださって嬉しいわ
来年は、、そちらのブログで、、って訳にはいきません??
一目惚れしたご子息の顔がみられなくて、、、
ワタシ、、寂しいです (ノ_・、)シクシク…
Commented by chez-nami at 2012-02-14 21:44
shinn-lilyさん
ミントンのカップ、華やかで若い世帯向きですものね
戸棚には何が入るのかしら
ゆっくりと楽しく選んでくださいね
その時間が至福ですもの

リンク、、有り難うございました
とてもステキな方ですので宣伝して下さって嬉しいです
こんな出会いを大切にしていきたいといきたいと思っています
line

パリ駐在から日本へ フランス料理を極める?


by chez-nami
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31