Chez-Nami

cheznami.exblog.jp ブログトップ

お父さんと伊藤さん

a0157935_9235040.jpg


書店員 彩 34歳
給食のおじさん 伊藤さん 54歳
元教師 昭和の頑固親父 74歳

兄嫁と暮らしていた頑固親父が
彩と伊藤さんの狭い同居先に転がり込んできて
奇妙な同居生活が始まる

頑固親父に藤竜也
伊藤さんにリリーフランキー
彩に上野樹里

そんなに気になっていた映画じゃなかったのですよ
でも、映画の評判がとても高くて、、地味だけど評判がとても良い映画って
それって見てみたいと思うじゃないですか、、

つい先日予告を見ていたのでまだやっているかと思っていたのですが
気がついたら1日に1回の上映
しかも時間が取れそうだった日はレイトショー1本のみ、、、
レイトショーは好きだから
(映画館自体が落ち着いていて気持ち良く鑑賞できるのですよ)
じゃ、レイトショーに行きましょうか
と、、昨日の土曜の夜に行って来ました

a0157935_930882.jpg


かなり無理のある設定ですが
映画の中だけでは済まされないあれこれの問題が提起されている

この原作本は新人賞をとっているらしいのです
これは原作も絶対面白いですよ

家族と言うものを改めて思う作品

上野樹里が良いですよね、、
豪快であり、伊藤さんの前では可愛い女だったり、、
それよりもリリーフランキー、、伊藤さんは彼以外にできる人はいません!
リリーフランキーを思って本を書いたのでは?と思えるほど

ワタシたちが抱えている「暗部」に何のためらいもなく手を突っ込み
描いている作品でしたね
不安を抱きつつも自分の生活とのバランスを上手く取りつつやっている
そんな危うさの中に「伊藤さん」

燻し銀の演技を見せる藤竜也の去って行く少し曲がった後ろ姿を見て
重いものを飲まされたような悲しさ

それに向かって走って行く上野樹里

最後はそこで止める、、、
原作もそうなのかしら?

フランス映画の終わりのような見る人が考える作品

レイトショーで静かに見て正解かな

見る人によって受け止め方は違うでしょうけど
これを「良い作品」と受け止められるワタシは
「普通の心」がある、、、そう思いました、、よかったよかった

これを「普通」ってなんの感想もなしに流す人

そんな人がいないことを願う
50歳越しの一番この作品を重く受け止める年齢のワタシでした、、、

a0157935_9491028.gif

[PR]
by chez-nami | 2016-10-23 09:52 | 映画 | Comments(0)
line

パリ駐在から日本へ フランス料理を極める?


by chez-nami
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31