Chez-Nami

cheznami.exblog.jp ブログトップ

タグ:散歩 ( 96 ) タグの人気記事

濃溝の滝 インスタ映えの千葉のジブリの森

a0157935_09164694.jpg
これ、見たことある人多いと思います
千葉の「濃溝の滝」 早朝にここに来ると光の角度でハートが浮かび上がりインスタ映えの
パワースポット
本当の名前は「亀岩の洞窟」っていうらしいの。だから「濃溝の滝」でナビ検索すると出ないらしい

お暇な8月上旬の週末
ダンナさんとドライブの予定を立て、お暇?って子供達に聞くと「お暇」って(笑)
なので息子の運転で行ってきましたわ

道もちょっと混むところを通るのでちょっとしたドライブになります
息子の運転はワタシよりも上手になっているかな、安心して後部座席で居眠り

この滝は駐車場から少し歩きます

a0157935_09244708.jpg
歩くと言っても5分?看板見ながら少し下って行くと綺麗なインスタ映えスポットに出ます

a0157935_09260498.jpg
ほうほう、時間によってはこんな風に見えるんだ
という看板を見つつ歩いていると1枚目の写真の所に

午前中ではありましたが、早朝でないとハートは出ないので普通の「洞窟」
でもね、とても気持ちの良い場所です

a0157935_09284768.jpg
水が澄んで居ておたまじゃくしがいっぱい!久しぶりにおたまじゃくしを見たわ、、
子供の頃は近くの田んぼの中にいっぱい居たものですけど、、
ここからの駐車場への帰りの道は木道で信州にちょっと遠足に来ているような気になりますね
a0157935_09301089.jpg
で、、ここの名物はこれらしいので、、
硬めのプリン、、、ううむ、、これは我が家の好みではない
でもご当地物は一応食べるっ!!

a0157935_22233163.jpg
そしてここまで来たからにはここ!「大山の千枚田」
日本の原風景
平地は農地の整備が進められて来ましたが、ここ大山は房総半島の真ん中に位置して
山の中にありますので、ここまで手付かずでこの昔の風景が残っているのです
そしてここは珍しく「天水田」雨水だけで耕作している田んぼです

この美しい風景、よく残って居たものですよね
秋の夜はこの田んぼにLEDでライトアップがされ、美しい夜の棚田が見られるそうですよ

ふ、と自分の撮った写真を見たらどこかゴッホの絵のような感じに見えました
フランスに水田はないけど(カマルグにはある)ゴッホのタッチみたいに見えるわ
美しい風景って世界共通ですね

棚田だけで見ると金沢で見た海から広がる棚田が素晴らしかったけど
この家から近くの棚田も!原風景はいいですねぇ
千葉、色々と知らないところがまだまだありますねぇ、、

本当はダンナさんには「チバリ二アン」に行こうか?って案もあったけど
山ヒルがいるからしっかりと長袖や長ズボン、しっかりとした靴が必要だとあって。。。

「や、、やまひる〜〜?!」
そ、それは嫌だなぁ、、

地球のN極をS極が最後に逆転した地球の重要な節目の地層
。。そんな大層なところが近くにあるなら見て見たいけど
それよりは山ヒルにビビったワタシ、、

暑い日だったからパンツ履きたくなかったし、、もともとスカートが多いので暑い日のパンツなんて、、
ごめんこうむりたいわ〜!でも山ヒルって。。。

ってことでチバ二アンは却下でした(ワタシの鶴の一声)

そのうち見ることがあるのかなぁ、、

この日はまだまだ千葉を探検しましたよ〜

つ〜び〜こんてにゅ〜〜!

a0157935_22470806.gif

[PR]
by chez-nami | 2018-09-07 22:47 | お出かけ | Comments(0)

かき氷の日

a0157935_21483178.jpg
今日はかき氷の日なんですって
日本かき氷協会(そんなのあるんだ、、)が制定
七(な)2(ツー)五(ご)でかつての名前の夏氷(夏ごおり)の語呂合わせと
この日に日本の最高気温が記録されたからですって、、
夏の最高気温は数日までに41.1が出ましたけどね、、

この日もとっても暑い日、危険!とか言われた日
ですが、どうしてもここに行くために日暮里に朝10時集合で集まりました
「ひみつ堂」さんです

a0157935_21530586.jpg
谷中銀座の夕焼けだんだんの坂を降りたらすぐ
ここは行列必至なお店
なので開店すぐを狙って行きましたよ
なので10分も並んだら店内に入店
ここは開店すぐを狙うと良さそうですよ
食べて出たら長い行列になっていましたの、、この暑い日に行列は倒れてしまうわ〜〜!

a0157935_21552020.jpg
食べたのはマンゴーと迷いましたが鉄板の「いちごみるく」

a0157935_21561558.jpg
日光の天然氷、昔懐かしいようなかき氷の機械で、手削りです!

a0157935_21573307.jpg
店員さんのお揃いのTシャツも可愛い〜〜!

こちらの店内、クーラー無しなんです
暑い中で冷たいかき氷を堪能してもらいたいとのお店の拘り
汗を拭きつつかき氷を食べ始め、一気にこの大きなかき氷を制覇した頃には体の熱が落ち着いて来ました
天然の氷は頭にキーンってしないっていうけど
ワタシはしちゃうんだなぁ、、
でも、、「うっ!キーンってする〜って」食べるのも美味しい(笑)

a0157935_22003711.jpg

夏のスタッフ募集ですってよ!
暑いところでかき氷削って、2の腕のトレーニングにもなるし、汗かいてダイエットにもなるし、、とか思って
思わず募集の紙をまじまじと見つめてしまったわよ(爆)


今日30度前後で少し気温が落ち着いた感じがしましたが
30度って、、相当暑いよね
その気温が楽に感じられるのですので
今年の夏は気を付けなくちゃ

週末は台風が関東にも接近してきそうですし
まだまだ辛い夏が続きますね

でも、こんな風にかき氷など楽しんで、良い夏を送りましよう

ご一緒してくださった「芋づるメンバー」の皆様 
暑い日でしたがありがとうございました

この日はこの後谷中から上野にかけてフラフラしました(暑かったけど、、)
また時間を見てはアップしますねっ

a0157935_22054586.gif

[PR]
by chez-nami | 2018-07-25 22:05 | 日本 | Comments(0)

ブリューゲル展 sanpo

a0157935_12394372.jpg
先日、東京都美術館で開催されています「ブリューゲル展」を見てきました
この日はゴルフが入っていなかったダンナさん
「どこか行きますか?」
「じゃね、、え、、」 すかさず「映画には行きません」とダンナ
「絵!絵!!映画じゃなくて「絵」!!」
「絵なら行きますよ、で、何を見るの?」
「ブリューゲル!好きなんだよね」
「ブリューゲルだったら行ってもいいよね」

と「え」なら重い腰が上がるダンナさん
ゴルフだと羽根が生えてる(?)


ということで

パンダに沸いている上野動物園を横目に見ながら東京都美術館に行って来ました
この美術館、いつも混んでる印象なのですが
なぜか今回はそんなに混んでいませんでした
ブリューゲルってマイナー?ワタシの中ではとっても大きな位置を占める画家なんですけど

一年ほど前にバベルの塔が来てこれはすごく混んでいましたけどね、、
今回の企画が一族の方に的を絞っている展示なので派手なバベルの塔のような展示がないので
人気が薄かったのかしら?

a0157935_12483600.jpg
16〜17世紀の画家の「一族」のブリューゲル一家
ピーテル・ブリューゲルは傑出した画家で
一般的に知られているような細かい観察をして描かれた日常的な風景を得意としていました
その父のコピーを忠実に行い絵を多作して行ったのがピーテル2世
1世の観察眼を生かして絵を発展させて行って大成功したヤン
そしてその絵は孫、ひ孫へと続きブリューゲル一族として大工房へと発展して多くの作品を残して行ったのです

今回はこの一族の残した絵の中からプライベートコレクションを中心に
一族に影響を与えた画家も含めてフランドル絵画の展示でした

ブリューゲルってとっても細密画
今回はとっても小さな絵も展示されていたのでオペラグラスがあったらよかったのかも、、
目の前で絵を見られるのですが、、目の前の絵の中の細密な部分がよく見えない

って思ってたらやっぱりそこまでわかっている人はオペラグラス持参でしたねぇ
これは一つ勉強しましたわ、、
観劇だけではないのですね、美術館には「オペラグラス」!

a0157935_12594760.jpg
今回、一つの部屋は写真撮影ができました
おお、、プライベートコレクションなのになんて大盤振る舞い 
って思って好きな絵を数点iphoneですが写真に撮って来ました

この婚礼の絵、よく通っていたウィーンの美術史美術館にあった婚礼の絵によく似ているけど
視点が違うわ
一族で父の観察眼を真似して同じようなテーマから多くの絵が生まれているのが、ブリューゲルの珍しいところですよね
写真撮影、後で見て見たら写真を取れるのは18日までの限定のことだったみたい
今は撮れないようで、、今から行く方は残念

でもね、よく見ると写真撮るのに夢中になって絵をちゃんと見ていない人が居たわ
(次々と写真を撮るだけで見てないの、、ほんと、残念)
写真を撮れるのは嬉しいけど、、
絵を見るって本来の目的から外れてしまっては残念、、
なのでちゃんと目でも味わって来ましたよ


ブリューゲルをワタシが最初に見たのはウィーンの美術史美術館
当時はインターネットもこんな風に使えなかったし、イヤホンガイドもなかったので
「あ。。この絵面白い」って純粋に絵だけを見て居たのかも
それでとても印象に残ったブリューゲル
美術史美術館にはパリに赴任してウィーンに何度も遊びに行った時には欠かさずに足を運んだ美術館
手と足の指を使っても足りないくらい足を運んで見ているブリューゲル

そうか、、こんな風に父から子供、孫、ひ孫と受け継がれて描かれて来た絵だったんだ

そんななんとなく輪郭がボケて居たブリューゲル
今回、輪郭がクリアになりましたわ

フランドル絵画、とっつきにくいところもありますが
とても精密で見飽きないものがあります

空いてるから(笑)
この展示会、おすすめしますわ〜

a0157935_13114670.gif

[PR]
by chez-nami | 2018-02-23 13:17 | お出かけ | Comments(0)

テーブルウェアフェスティバル 2018年暮らしを彩る器展

a0157935_22155174.jpg
先日、久しぶりに東京ドームで開催されている「テーブルウェアフェスティバル」に行ってきました

本当に久しぶりだったなぁ、3年ぶり?かしら
このテーブルウェアフェスティバルの写真のアップは他の方がアップしてくださるので
よく見て居たので、なんだか行かなくても行った気になって居たのですが、、

券をいただいたので(そこ?)喜んで行ってきましたわ
結構早めにの日に行ったので混んで居たの、、早かったからかなぁ
なんだか回を重ねるほど混んで来ているような

a0157935_22232915.jpg

有名人のブースはとても混んで居ましたけど
写真はきっちりと撮って来ましたよ
流石に黒柳徹子さんのブースですね。写真を撮っている人がどのブースよりも多かったような気がしました

a0157935_22245215.jpg
プロのブースは流石に夢見るようなテーブルになって居て見応えありますが
このテーブルウェアフェア展の面白いところは「個人」のブースですよね
個性的なテーブルを作り上げて居て刺激を受けます

a0157935_22274563.jpg
ヘレンドやロブマイヤー 大好きでよく買って居たところの新作なんて
穴があくほど見たりして(笑)

新作が見られるのもこの展覧会の楽しいところでもありますよね

そして、、お買い物
あんまり欲しいものがなかったのと
並んでるお店ではお会計まで30分だって、、ちょっとびっくりで並ぶ気になれなかったの

今度行ったら何か買って来ようかなぁ、、落ち着いた頃に行って、、、
並ぶの苦手だしね

あれ?チルウィッチのダリアのプレースマット、、と思ったら
似たものが売って居て1000円以下だったの、、驚き
本物と何が違うのかわからなかったわよ、、飛ぶように売れていました

そんなお得なものも出ているのがテーブルウェア展なのかもね


でも、、これ良い!って思うと清水の舞台から飛び降りなければ購入できないものだったりして、、
見る「目」を養うのにあれこれ見るのって必要なのかも、、、

とウロウロ

広い東京ドーム内に広がっているので全部回るのは1日では足りないかも、、
実際お弁当をそこで食べて1日いらっしゃる方も多いように見受けられました

来年も、、もし行けるようでしたら
今度はゆっくりと買い物に時間を取るのも良いかもしれませんね〜
今回は歩き疲れました

食器好きの人(ワタシね)には嬉しい時間でしたけど、、流石に足が棒のよう

みなさん、お弁当食べてまだまだ回る方も多かったように見受けられましたが
「ゆっくりと食べようね」って外でゆっくりとランチ致しました

まずは、「券」ありがとう!楽しかった
お付き合いくださったマダム、、楽しい時間をご一緒ありがとうございました
目の保養になりましたね〜〜

a0157935_22414609.gif


[PR]
by chez-nami | 2018-02-12 22:48 | お出かけ | Comments(0)

アイススケートショー

a0157935_21185454.jpg
ゴールデンウィーク お友達と一緒に新横浜のアイスアリーナまで

最初、何も考えないで新横浜の駅を降りて
「アリーナ」って書いてある方へポテポテ歩いていました
人の流れもそちらの方向でしたのでね

「何だか、年齢層が低いよね、、スケートもそんな年齢層も見るようになったのかなぁ?」
ってお友達と話しながら、、
で、、着いて何だか変だぞ、、

「えっと、、これ何のコンサート?」
「セクシーゾーン」ですって警備している人が

「えっ??違うところに来たぞ、、、何も考えないで歩いていたからだわ」
、、、若いわけだわ、、、

わ〜〜しまった〜〜って駅まで戻り、、
そこからすぐそばのアイスアリーナまで無事到着
途中からそちらに歩いている年齢層は
とっても居心地の良い同じような年齢層でしたわ(笑)

荒川静香、安藤美姫、宇野昌磨、村上佳菜子
トップスケーターが出てくるショー
a0157935_21281656.jpg
たっぷり堪能してまいりましたわ

なかなか取れないチケット
お誘いくださり感謝
とってもよかったわぁ

終わってからはチケットとセットで付いていたプリンスホテルのバイキング

シャンパンで乾いた喉を潤して
たらふく食べましたわ〜〜^^

a0157935_21294105.jpg

スイーツもたくさん

スケートショー見て、お腹いっぱい食べて
満足の1日

誘ってくれてありがとね〜!
また、楽しい時間をご一緒しましようね

a0157935_21352122.gif


[PR]
by chez-nami | 2017-05-16 21:35 | お出かけ | Comments(0)

KOTORI CAFE

a0157935_22261354.jpg


巣鴨ツアーの続きです

今回はディープな巣鴨
「鳥カフェ」などに行っております

巣鴨の地蔵通りからちょっと入った路地

鳥カフェなるものに行ったことがないワタシ
え?鳥が店内を飛んでいる?

って恐る恐るでしたが(笑)

素敵でしたよ〜!

a0157935_222816.jpg


大きなガラスの中で鳥が自由にしています
とても綺麗な空間

a0157935_22295346.jpg


鳥の好きな人も、そんなに好きでない人も
癒される空間でしたわ

a0157935_22301567.jpg


ワタシが食べた小鳥のケーキ

a0157935_22305397.jpg


お隣のお友達のも!

a0157935_2231194.jpg


並んでいる鳥ケーキ
可愛いわぁ

で、、味は普通、、とっても普通、、、お茶も普通!
これはお味を追求するところではなく、鳥を満喫しに行くところなんだわ

でもね、この雰囲気は楽しめる
お席からよく見えるように人数分のオペラグラスを貸してくれるので
オペラグラスでじっくり鳥の観察もできます

ワタシタチも鳥を見つつ
鳥に負けないくらい元気におしゃべり(笑)

この第2段目の巣鴨ツアーの日は小雪ちらつく寒い日
やっぱり暖かいところでおしゃべり中心になりました

a0157935_22343637.jpg


おしゃべり中心とはいえ、巣鴨に行ったからにはこちらにもご挨拶
普通は行列って聞くけど
この日は誰もいませんでした(小雪ちらつく午後)
前回も小雨だったからほとんど人が居なかったし
巣鴨は行列だけは免れているワタシタチですわね〜

a0157935_2237927.gif


「巣鴨」ておばあちゃんの銀座なんてよく聞くけど
鳥カフェ見たいな可愛いところもあるし
亀の子束子のようなレトロだけどおしゃれなお店も!
とっても楽しいエリアですわ

案内してくれてありがとう
案内してくださったからディープな巣鴨を楽しむことができました

今度もどこかにツアーに行く話になっているし
楽しみ楽しみ〜!
雨でないことを祈っておこう(笑)
[PR]
by chez-nami | 2017-02-20 22:43 | お出かけ | Comments(0)

亀の子束子  西尾商店

a0157935_22472331.jpg


昔、台所で必ず一つはあった「たわし」

今はカラフルなナイロンのブラシやらスポンジにその座が奪われ
ちょっとレトロな存在に成っています

巣鴨にその「亀の子束子」の本店があります

たわし、と言えば「亀の子束子」と出るほどの有名なたわしやさん
明治40年の創業だそうです

最初は東京の真砂町に本店があったそうなのですが
関東大震災でなくなってしまい、関東大震災を免れた滝野川の工場
そこへ本店を移転してから現在までここで操業しているそうです

とても素敵な建物
西洋建築で、今では近代建築の研究家の方たちにも愛されているそうなんです
外にはたわしに使う「棕櫚」の木が植えてあるのもおしゃれ

a0157935_22542955.jpg


店内もレトロでおしゃれな空間が広がっていました
この「たわし」のシャンデリアもおしゃれに見える不思議(笑)

a0157935_22553162.jpg


この明治の香り漂う建築を見に行くだけでも価値がありますよ

a0157935_22561567.jpg


いろいろなグッズもあって(笑)

a0157935_22564294.jpg


発売された時にはあっという間に売り切れてしまったという
抗菌仕様のスポンジ

a0157935_2257234.jpg


珍しいのは「ボディブラシ」
紐が付いていて背中を洗うのが気持ちよさそう

a0157935_22582449.jpg


でもね、たわしで体を洗うってすごく抵抗があるんだけど、、
って言っていたら
「私も使っていますよ、サトオさんはとても柔らかいです」って
たわしに名前が付いているんです(笑)
それも、社員の名前だそうで(爆)

ボディブラシと思えば良いのかも?とは思ってみたものの、、ううむ、、たわしかぁ
と悩んでたら
「私、買っていくわ」とお友達の一人
そのうち、使い心地のレポートするわ!と勇気あるお一人(そうでもない?)

先日そのレポートが来ていましたが
ちょっと乾きが悪いんだよね ですって
で、サトオさんは結構柔らかいそうです

そういえば、お店の人は「私はサトオさんじゃ物足りなくなってきています」って言っていたっけ、、

a0157935_236418.jpg


ワタシはスポンジと束子をお買い上げ
その束子ですが、普通の束子と違ってよられているたわしなんです
たわしって、片方に針金の引っ掛ける部分が付いていて
洗う時にそちらを使うと傷がついてしまうでしょう?
その引っかける金属部分がないんです

なので、手に取って上下を考えないで直ぐに使えるし
オーソドックスなたわしよりスリムだからとても手に馴染むんです
気になったら「亀の子束子 よりどころ」って検索してみて!400円でした

これ、使いやすくて今まで使っていたナイロンのたわしに手が行かなくなってきています
リピート決定だわ!

「束子」だけで結構盛り上がったワタシ達でしたわ

a0157935_23121072.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-02-17 23:13 | お出かけ | Comments(0)

巣鴨散策 第2弾

先日巣鴨デビューして来て⏩第1弾
あちこち歩き回った気になっていましたが
実を言うと「庚申塚」より先に行くと時間がなくなるので
次にしましょう、ということになっていました
で、、先週の小雪ちらつく寒い日がその第2弾の日

a0157935_21163.jpg


小さい頃、都電に乗ったことがあるのですが
覚えていないので「初都電」乗車!

可愛い電車に揺られて待ち合わせ場所の「庚申塚」まで
途中、おじいさんが居たので、、席を譲ろうか?と思ったら
その隣にもおじいさんとおばあさん、、、
ううう、、、誰に声かけて良いやら??の平均年齢高めの車内(笑)

a0157935_2132921.jpg


庚申塚から目指すは大正大学
その途中のお店、、、これ懐かし昭和初期の店構えだわ

ガラス越しに商品を眺めると、、懐かしい品が並んでいる

へぇ、、って写真撮って去ろうとしたら友達が
「これ、、これってトイレの紙?」

a0157935_2152969.jpg


おおお〜〜そうだよ!
おばあちゃんの家に行くとあった四角のトイレットペーパー!!
驚き!!まだ売ってる

しかも銘柄違いであるって事は、、、まだまだ愛用している人が多いってこと??

ううむ、、、これってポットントイレに捨てるものじゃなかったかしら?
って見てたら「水洗トイレ仕様」ってかいてあった
そうだよね、、流石にこの平成の時代 ポットントイレはそんなに多くないはず、、

えっ?ってことは、、水洗トイレでこれを使っているんだ
四角いトイレットペーパー、、、

巣鴨に詳しい友人の話だと「巣鴨ではまだこのペーパーあちらこちらに売っているよ」
へええ、、、巣鴨って、、、奥深い
(本当に巣鴨地蔵通りの商店にもありました、、びっくり!)

しょっぱなから奥深い巣鴨でテンションアップ(トイレットペーパーで 笑)

a0157935_21103291.jpg


この家が「古い家」ってよく出てくる家
って聞いたから写真
これ、昭和初期によくあった家だわ
現役なのに驚く
パリとかの石造りの街並みと違い木で作られていた日本家屋
100年持たせるのは簡単ではないですよね、、

a0157935_21125456.jpg


大正大学に到着してまず見せてもらったのは
「鴨台観音堂」 (おうだい観音堂 って読みます)
八角三匝の階堂で 堂内の回廊は往路と復路が交わることのない2重螺旋構造になっています

別名「さざえ堂」

頂上には観世音菩薩様が安置されています
その背後には千住画伯の「滝」の壁画
そんな素晴らしいもの、、入場料無料で見させてもらえます
(ちょっとだけお賽銭入れてきましたけど、、)

流石仏教大学ですね

で、、この大正大学になぜ来たかと言うと

a0157935_2120276.jpg


鴨台食堂(おうだいじきどう)
プリンスホテルの経営の食堂です
食堂を「じきどう」って読むのも仏教ですよね〜^^

a0157935_21231845.jpg


学生も使うけど、、一般の人も使用可能
っていうか、、一般の人が多かったです
(時期的に学生は春休みの時期でもありましたし、、)

a0157935_21242616.jpg



先ほどの観音堂が下に見えますねぇ

a0157935_2125129.jpg


学生食堂だけあってちょっと殺風景だけど
値段がお安いのでふらりと散歩がてら一人でランチをとっていらっしゃる人も、、

a0157935_21262051.jpg


美味しい?って聞かれたら、、、ううむ、、、
プリンスだけど、、、、、こんなものかな?
学生食堂ですもんね

a0157935_21271241.jpg


デザート盛り合わせもついてゆっくりできる空間ですよ

で、、、その間に雨が雪に変わってゆく、、、
前回の巣鴨ツアーは雨からスタートでその後に晴れたのですが、、
今回は雨スタートの雪、、

ううむ、、、と鴨台食堂で雪を見ながら
「あまり歩き回らないでお茶しましょう!」って
次のディープな巣鴨の場所に向けて移動!

a0157935_21302395.gif


でも、、なんで巣鴨ツアーすると雨なんでしょうねぇ、、
「私だ!」って潔く認めて手を挙げたお友達(笑)

でも、今回は彼女コンダクターの巣鴨ツアー
その後も楽しい所に連れて行ってくれましたよ

明日に続く、、ですわ、〜
[PR]
by chez-nami | 2017-02-16 21:32 | お出かけ | Comments(0)

マリーアントワネット展

a0157935_2054522.jpg


昨年末、六本木で開催されていますマリーアントワネット展に
パリ時代ご一緒だったお友達と行ってきました

同じ時期にパリに居た友達
パリに関する興味も同じ

a0157935_20564579.jpg


今回の目玉はマリーアントワネットのプライベート空間
「プチ・アパルトマン」
王妃が実際に使っていたものや、同時代のものを使い忠実に再現したとのこと

パリに住んでいたとはいえ、ベルサイユ宮殿に行ったのは3回?
とにかく混んでいますので、住んでいると避けて通るところ(苦笑)
日本から人が来たら連れて行く、、くらいだったかなぁ

なので、実際にはそんなによく見ていないのだ

今回はゆっくりとマリーアントワネットについて見て回れるので
とても勉強になりました

a0157935_2104815.jpg


断頭台に向かう時に履いていた靴
片方だけ残っている靴はマリーアントワネトの悲劇を物語っています
今回はその靴も展示

a0157935_2114850.jpg


オーストリアとフランスと血縁で結ぶために嫁いだマリーアントワネット
あまりにも幼すぎました
そして成長するのが遅すぎました
自分の位置に気がついた時には時すでに遅し

池田理代子のベルサイユのバラで知ったフランス革命
未だに色鮮やかにストーリーがワタシの中で息づいています

今回はもっと周りからのマリーアントワネットを見させてもらえました

フランス革命って
初めて世界史を知った窓口でもあるので
ワタシの中では金字塔

行けてよかったわ

また、フランスに思いを馳せる時間となりました

a0157935_2175667.gif


ベルサイユって言えば、ワタシの住んでいたブーローニュからは結構近くて
ちょっと車で走ったらベルサイユだったので
毎週のようにベルサイユにあるゴルフの打ちっ放しの練習場に行っていましたよ
日本と違ってどこまでも打ちっ放し

テニスコートもある充実したスポーツ施設がありました
で、、いつも美味しいコーヒー飲んでいたのでしたっけ、、
懐かしいなぁ

ベルサイユって宮殿ってイメージしかないかもしれませんが
のどかな、緑豊かな郊外です
ベルサイユ宮殿の近くのマルシェはとても賑やかで
パリよりも美味しくて安い食料品が手に入りましたわ

本体の宮殿から郊外のベルサイユに政治の中心を移した
そのあたりから
ルイ王朝の終わりが見えてきたのかもしれませんね
[PR]
by chez-nami | 2017-01-22 21:14 | お出かけ | Comments(0)

箱根にて

a0157935_22493477.jpg


昨年、箱根に来た時には大涌谷は交通規制がかかっていて
ここまでこられませんでした

朝起きて富士山が見えるか?と曇り空を見上げていましたが
折角だからと大涌谷まで登ってきました(車でね)

a0157935_22523272.jpg


もう少し待てば富士山の全景が現れるかもしれないけど、、
さすがにそこまで待てないわ
車で駐車場を出て山を降りると、、、、
駐車場入り口から長蛇の列
駐車場を待つ車の列です

、、、、ちょっと遅れたら結構な時間待つことになった様で
セーフでしたねぇ

a0157935_22533644.jpg


キティちゃん、近頃は仕事を選んでいなくて
どこにでもいますねぇ(とは息子のセリフ)
確かに(爆)

a0157935_22561595.jpg


黒玉子もお土産で購入してきましたよ
次の日に義父が来ることになっていたので
一緒に食べましょう
1個食べると7年寿命が延びるそうです
、、、5個入りだったから5個あげようか?
「かた茹でだから喉に詰まられて危ないことになるんじゃない?」と賑やか

a0157935_22583368.jpg


その後はおきまりの「ポーラ美術館」
ここはいつも素敵な展示をしていて必ず寄る美術館なんです

今回は「ルソー。フジタ、アジェのパリ」

a0157935_2315378.jpg


パリの風景、やっぱり大好きです
ルソーもパリには欠かせられない画家
ポーラの収蔵品にはいつも驚かされます

今回は常設の絵の写真を撮ってもよくなっていましたので

a0157935_2335686.jpg

モネ

a0157935_2341328.jpg

ゴッホ

好きな写真にカメラを向けて来ました

何度きても飽きない美術館

次回の展示も魅力的な展示ですよ
ゴルフをかけて、ぜひ見に来なくちゃ
ポーラは箱根の欠かすことのできない楽しみです

a0157935_2371444.jpg


帰りは富士山もくっきり

年末の家族ゴルフ
楽しく終了

ダンナさん運転手してくれてありがとう
楽しくゴルフして、温泉に浸かって骨休めができましたわ〜^^

a0157935_23113023.gif

[PR]
by chez-nami | 2017-01-11 23:13 | 旅行 | Comments(0)
line

パリ駐在から日本へ フランス料理を極める?


by chez-nami
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31